« 大工・齋藤 登展 | トップページ | 音楽アーカイブ:消えた初演「フルートとピアノの為のシチリエンヌ」 »

2013年7月 1日 (月)

音楽アーカイブ:初めての初演???

このシリーズは昨年の8月に「大学~初めての作曲」をアップしてから1年ぶりになってしまった。「初めての初演」と書くと何だか判じ物のようだが、ややこしい事ではない。自作曲を聴衆の前で演奏した最初の機会という意味だ。

大学時代に作曲を始めてから十数曲作ったが、人前で演奏したことは無かった。そして記録をひもとくと、整理番号14番が初めて披露した曲だったようだ。ちなみに私は作品番号は付けず、作った順番に整理番号を付けている。素人なのに偉そうに作品番号というのが恥ずかしいからだ。

この「整理番号14番」は友人の結婚を祝い、披露宴の席でチェロ独奏にて披露した曲である。曲名もずばり「ウェディング・ソング」。メロディーに重音奏法による和声を付けた簡単な曲だ。

特記したいことは、新郎がヴィオラ弾きだという点。ヴィオラの弦の配列は、チェロのちょうど1オクターブ上だから、運指が似ている。私はそれを利用し、この曲を1オクターブ上げてヴィオラの譜面に書き直し、それを新郎にプレゼントしたのだ。新郎は時々この曲をヴィオラで弾いてくれたらしい。嬉しい限りだ。

« 大工・齋藤 登展 | トップページ | 音楽アーカイブ:消えた初演「フルートとピアノの為のシチリエンヌ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/52266957

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽アーカイブ:初めての初演???:

« 大工・齋藤 登展 | トップページ | 音楽アーカイブ:消えた初演「フルートとピアノの為のシチリエンヌ」 »

最近のトラックバック