« 画廊の夜会 | トップページ | 空想の建築 »

2013年6月 9日 (日)

アートアイランズTOKYO

「航路・アートアイランズTOKYO -四谷三丁目-」(CCAAアートプラザ:四谷)に行った。大島などの島々と東京が文化の流れを共有するというコンセプトに基づいた活動の一環だ。

003

会場は廃校を再活用した施設で、学校であった面影が色濃く残っている。教室(であった部屋)に絵画、ビデオアートなどの展示がなされていた。屋外には彫刻の展示もあった。これは岩崎幸之助の作品。

2013_0608_161338cimg0057

これは全景。配管、植物、階段などに作品が取り巻かれることにより、インスタレーションの要素も楽しめる。

2013_0608_161338cimg0055

そして図工室(であった部屋)にてパーティが行われた。

2013_0608_162618cimg0063

飲み物は持ち寄りだが、アーティスト仲間がまかないをしてくれた。その料理がおいしかったこと。アートの交流はノミュニケーションから、という感じがした。

« 画廊の夜会 | トップページ | 空想の建築 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/51976871

この記事へのトラックバック一覧です: アートアイランズTOKYO:

» 「画廊の夜会」と「アートアイランズTOKYO 四谷三丁目」 [きゃおきゃおの庭]
「画廊の夜会」は 東京銀座5丁目から8丁目の25画廊が 夕方から夜にかけて一斉に開館し 敷居が高くて入りづらいと感じている方々に 気楽に作品を楽しんでもらおうという 粋なアートイベント(6月7日、8日の二日間で終了)です。 画廊の夜会… ネーミングが 絶妙。 参...... [続きを読む]

» 第3回 アートアイランズTOKYO・国際現代美術展2013に向けて [中年とオブジェ]
今年、8月30日から伊豆大島・新島を拠点にして第3回 アートアイランズTOKYO・国際現代美術展2013が開催される。このアートプロジェクトのプレイベントとして、現在四谷の廃校を利用 ... [続きを読む]

« 画廊の夜会 | トップページ | 空想の建築 »

最近のトラックバック