« SICF 14 | トップページ | 大久保泰明 プライベート・リサイタル »

2013年5月 5日 (日)

ベストセレクション 美術 2013

 「ベストセレクション 美術 2013」(東京都美術館)に行った。

001


この展覧会は選ばれた27の主要美術公募団体が、それぞれの「顔」である主要作家の作品を競って展示する催しだ。従って、そこには自ずから競争意識のようなものが芽生える。各団体が競い。互いに刺激し合って芸術活動を高めていくのは良いことだと思う。

有力作家の作品となると、さすがに力がある。私は日頃抽象を好み具象には目がゆかないのだが、今回の展示中は写実画でも無視できないものが多かった。単なる風景画でも、色彩などに個性があり、独特の魅力を放っている作品が多かった。

彫刻のコーナーで異彩を放っていたのは、今回この展覧会に足を運ぶきっかけとなった岩崎幸之助の「太陰暦No.7」。幾何学的抽象だが、有機的な温かみがある。愛するブランクーシの作品に対する感想がそのままあてはまる。

 

この展覧会は毎年続けて観てゆきたい。

« SICF 14 | トップページ | 大久保泰明 プライベート・リサイタル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/51498520

この記事へのトラックバック一覧です: ベストセレクション 美術 2013:

« SICF 14 | トップページ | 大久保泰明 プライベート・リサイタル »

最近のトラックバック