« 美術アーカイブ:2000年(8)ベン・シャーン | トップページ | 風物詩:河津桜まつり »

2013年3月 1日 (金)

スージーズ・サロン アンティック展で観た松本千鶴の植物画

「スージーズ・サロン アンティック展」(プランタン銀座)に行った。アンティークと松本千鶴の植物画のコラボを観るために。

Img

松本千鶴の作品を観て、自然と芸術との違いについて考えた。例えば燃えるような夕陽は、日没を描いた絵より美しいと私は思う。芸術作品と比べ、自然が圧倒的な美しさを持っているからだ。

それでは道端の野草はどうだろうか?道を歩いていて、たまたま目にとまっても、特に注目せず通り過ぎてしまうことが多いのではなかろうか。それに対し、それらの野草を松本千鶴が描くと、魅力ある植物画として尊重される。これは先の例とは逆に、芸術が自然を上回る美しさを創出したことになる。

松本千鶴の作品は、この「逆転現象」を引き起こす力を持っている。しかし力づくで自然をねじ伏せるのではなく、あくまで静かで抑制の効いた形においてである。今後も松本千鶴は、身近にある「控えめな自然」を、さらに美しい姿に変身させてゆくことだろう。

« 美術アーカイブ:2000年(8)ベン・シャーン | トップページ | 風物詩:河津桜まつり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/49751315

この記事へのトラックバック一覧です: スージーズ・サロン アンティック展で観た松本千鶴の植物画:

« 美術アーカイブ:2000年(8)ベン・シャーン | トップページ | 風物詩:河津桜まつり »

最近のトラックバック