« 小泉百合香・榊原紀保子 デュオ・リサイタル | トップページ | 損保ジャパン美術賞展 »

2013年3月24日 (日)

中島尚子 木口木版画展

「中島尚子 木口木版画展」(art truth:横浜)に行った。

Img

中島尚子の品を観るのはこれが2度目である。最初は今は無きギャラリーCN(藤沢)で昨年5月に開催された「中島尚子展 ―たからづくし」だ。

__001

これは「宝物図鑑」と称し、名称が五十音の各文字で始まる物の代表格を一つづつ版画作品に仕立て上げたものだ。例えば「あ」は「あじさい」、「お」は「おにぎり」というように。

今回の展覧会は「S邸庭之図」というコンセプトにより、ある邸宅で目にした光景や物を題材にした作品を中心に展示されていた。併せて制作に用いられた版木も展示され、展覧会に奥行を与えていた。

会場には昨年観た作品の一部が再び展示されていた。クラゲを描いた作品は丹阿弥丹波子の作品に雰囲気が似ていた。丹阿弥のほうは銅板画だが。

Dscf2535

蔵書票も前回に続き展示・紹介された。木口木版画による蔵書票とは素敵だ。書籍愛好家にとって楽しいアイテムとなるであろう。

Dscf2532

今後も中島尚子の版画に注目し、展覧会を観てゆきたい。

« 小泉百合香・榊原紀保子 デュオ・リサイタル | トップページ | 損保ジャパン美術賞展 »

コメント

渋さの中に不思議なかわいさがあります。ね。と感じました。Hiroki Tee&うしし丸

Hiroki Teeさん、久しぶりですねえ。お元気ですか?
作家の中島尚子さんご本人もかわいらしい女性ですが、木口木版画の力量は大したものです。そう、渋いという達人の領域にまで到達している感じがします。若くてもこのようなすごい作家さんがいるのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/50927945

この記事へのトラックバック一覧です: 中島尚子 木口木版画展:

« 小泉百合香・榊原紀保子 デュオ・リサイタル | トップページ | 損保ジャパン美術賞展 »

最近のトラックバック