« 美術アーカイブ:2000年(1) 猪熊弦一郎展 | トップページ | 美術アーカイブ:2000年(2)  シュポール/シュルファス »

2013年2月14日 (木)

創作日記:怒りの日―8

4つの主題が重なり合う最後の部分が出来たので、主題がすべて出揃った。では冒頭に戻り、第1主題の呈示から作ってゆこうと思った。しかしそこで筆(実際にはキーボードを叩く指)が止まった。

最後の部分から第1主題を抽出すると次のようになる:
Photo

ところがこの旋律は1番目と3番目の音で7度を構成し、しかもその第7音は先に述べたように「半音上げない第7音」なので何となく粗野な感じが否めない。その一方で、ある種の力強さみたいな雰囲気を醸し出すことはできるが、何となく違和感がある。

では第1主題を次のように若干変化させてみたらどうだろうか?
Photo_2

この場合は第1音と第3音がオクターブを形成し、力強くもあり、幅の広さみたいな感じも出すことができる。スケールの大きさを表出するのは良いことではないだろうか。

そんな事を思いついてしまったので、またここでしばらく曲作りが停滞した。でもマイナスの停滞ではなく、より良いものを作るための醸成期間だと思えば気持も前向きに転じることができる。もうひと頑張りだ。

« 美術アーカイブ:2000年(1) 猪熊弦一郎展 | トップページ | 美術アーカイブ:2000年(2)  シュポール/シュルファス »

コメント

 難しいことは分かりませんが、すばらしい創作作品ができあがりますよう応援しています。
 息抜きに面白い動画を紹介します。
http://www.youtube.com/watch?v=4ErEBkj_3PY
MITメディアラボ所長の伊藤穰一がナビゲーターを務め、文化・芸術・科学・ITなどの最先端を行く「いま世界を変えようとしている人たち」が次々と登場し、エネルギーと驚きに満ちた渾身のプレゼンを披露するというエキサイティングな番組(NHK2ch)で11日に紹介されたものです。
 4駆のミニ・ロボットヘリコプターの驚くべき飛行性能に目を瞠る一方、9台のロボットヘリによる007の器楽演奏がほほえましいです。

COOSKEさん、コメントと面白いサイトの紹介ありがとうございました。朝の忙しい時で動画はざっと観ただけですが、時間のある時にゆっくり鑑賞します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/49408874

この記事へのトラックバック一覧です: 創作日記:怒りの日―8:

« 美術アーカイブ:2000年(1) 猪熊弦一郎展 | トップページ | 美術アーカイブ:2000年(2)  シュポール/シュルファス »

最近のトラックバック