« 創作日記:怒りの日―2 | トップページ | 創作日記:怒りの日―4 »

2013年1月14日 (月)

創作日記:怒りの日―3

 「怒りの日」についてネットで調べてみようと思った私は、帰宅してすぐWikipediaにあたってみた。するとグレゴリオ聖歌の一つとして修道士セラノのトーマスによって選定されたという旋律の譜面が掲載されていた:

__2

これでよしと喜んだのも束の間、譜面をよく見るとある事に気が付いた。普通の楽譜に書き直すと次のようになるのだ:

__3

これはすごい変拍子だ。これでもフーガに仕立て上げることは出来なくはない。しかしいずれ仲間に演奏してもらうことになるから、可能なら易しい拍子で作りたい。

そう考えた私は、では過去の作曲家が「怒りの日」を作品にどのような形で取り込んでいたのかを調べることにした。まずは有名なモーツアルトのレクイエムの一部「怒りの日」を見てみよう。

Photo

むむむ、これは何というか、原型をとどめていない。「怒りの日」はこのように作曲家によって自由に扱われていたのか。他の作曲家はどうだろうか。Wikipediaにはベルリオーズの「幻想交響曲」の第5楽章が紹介されていた。該当すると思われる箇所は次のような感じだ:

Photo_2

こちらは原型に近い。しかも普通の拍子で書かれている。そうか、このベルリオーズの例のように、原型をある程度変形させて都合のいい拍子にすればいいのか。

というわけで「怒りの日」のテーマは原型を重んじつつも、他の声部との兼ね合いで多少変形させることも許容範囲として構成を考えてゆくことにした。これで基盤ができた。さあこれからが腕の見せ所だ。

« 創作日記:怒りの日―2 | トップページ | 創作日記:怒りの日―4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/48746451

この記事へのトラックバック一覧です: 創作日記:怒りの日―3:

« 創作日記:怒りの日―2 | トップページ | 創作日記:怒りの日―4 »

最近のトラックバック