« 創作日記:怒りの日―5 | トップページ | 鉛筆画五人展 »

2013年1月22日 (火)

竹村健・博三 親子 作品展

「竹村健・博三 親子 作品展」(湘南画廊:藤沢)に行った。

Img_0003

お父様の博三さんの絵画が5点、健さんの版画を中心とした作品が多数展示されていた。案内葉書には梟(ふくろう)が並んだ作品が採用されていた。幻想的な雰囲気を持っているが、他の展示作品もシュール的、心象風景的なものがあり面白かった。

木版の中に木口木版を組み合わせた作品があった。昨年、鎌倉の画廊「ジ・アース」で観た三塩佳晴の作品の中に同じアイデアで制作されたものがあったのを想いだした。両者の味わいの微妙な違いが面白かった。

Img_0004

なお竹村健はもと舞台俳優で映画・テレビにも出演していた。有名なところでは(主演ではないが)黒沢明監督の「まあだあだよ」とか、山田洋次監督の「男はつらいよ」等である。マルチの能力を持った作家だ。

« 創作日記:怒りの日―5 | トップページ | 鉛筆画五人展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/48891317

この記事へのトラックバック一覧です: 竹村健・博三 親子 作品展:

« 創作日記:怒りの日―5 | トップページ | 鉛筆画五人展 »

最近のトラックバック