« よつい展 | トップページ | 行きたかったけど行けなかったコンサート »

2013年1月20日 (日)

ともよあずさ

「New Year Concert 2013 ともよあずさ」(横浜みなとみらいホール 小ホール)に行った。

Img_0002

ほとんど毎回足を運んでいるお気に入りのコンサートシリーズだ。演奏技術は申し分ないのだが、若い2人なので、これまでは演奏以外の要因について辛口の感想を抱いていた。例えば観客に向ける笑顔が少ない、というような事である。

ところが今回の演奏に接し、そのような評価を改めなければならなくなった。体全体を使った表現を含め、舞台の雰囲気を作っていたからだ。

「音が鳴る前から音楽になっている」という表現が使われることがある。私はこれまで、そのような考え方は疎んじていたのだが、今回の演奏では本当にそのような瞬間があり、驚いた。

例えば弱奏で始まる箇所があったとする。二人の演奏者は「これから小さな音で始めますよ」というように構える。するとその暗黙のメッセージが観客にも伝わる。そのような緊張感の中で演奏が始まり、徐々にクレッッシェンドしていって盛り上がる。そのような曲の作り方だ。

2人のうち片方がメロディーでもう一人が伴奏に回る場合、伴奏においても、メロディーを口ずさみながら一緒に曲を組み立てているという感じも伝わってきた。実際には声に出して歌うことはないのだが、そういう雰囲気を醸し出していたのだ。

演奏技術についてはよくわからないが、今回マリンバは技術的に高度な曲に果敢に挑戦したという感じだった。ピアノは「水の戯れ」で響いた音の美しさが素晴らしかった。

« よつい展 | トップページ | 行きたかったけど行けなかったコンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/48848058

この記事へのトラックバック一覧です: ともよあずさ:

« よつい展 | トップページ | 行きたかったけど行けなかったコンサート »

最近のトラックバック