« アート鑑賞は成城から | トップページ | シャルダン展 »

2013年1月 5日 (土)

若い芽のコンサート

 聴く側の立場として、今年初めての音楽会「若い芽のコンサート」(横浜市栄区文化センター リリス ホール)に行った。企画はアンサンブル・アスコルタ。

Img

文字通り若い人たちが出演するコンサートで、今回は中学1年生から大学2年生までの12名が合計23曲を演奏した。おおよそ一人平均2曲である。声楽(ソプラノ)が多かったが、器楽もオーボエ、ホルン、ヴァイオリン、ピアノと楽器が多彩であった。

妻ジョアンナ(仮名)も伴奏ピアノで出演したから余計な事は書けない(苦笑)が、お世辞抜きで出演した「若い芽」たちがあまりにも上手なので驚いた。

終演後、主催グループ(アンサンブル・アスコルタ)から挨拶があり、「これは発表会ではなくコンサート仕立て」だという説明がなされた。コンサートであるからには、ただ単に上手に演奏すれば良いのではなく、舞台マナーなど付随的(実はこちらが結構大事)な面にも気を配る必要があるという事だった。なるほど、そういう意味でコンサートの形にするのは有意義だなと納得した。

演奏者とスタッフの方々、お疲れ様でした。

« アート鑑賞は成城から | トップページ | シャルダン展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/48612807

この記事へのトラックバック一覧です: 若い芽のコンサート:

« アート鑑賞は成城から | トップページ | シャルダン展 »

最近のトラックバック