« 吉岡淳子 染織展 | トップページ | 今日のオブジェ:チェスの駒? »

2012年12月 9日 (日)

サイトウナオコ個展

「サイトウナオコ CURLY & CHOCOLATE」(ギャラリーCN:藤沢)に行った。

Img_2

芸大で鋳金を専攻した作家らしく、ジュエリーや金属で作られた人形などが展示されていた。しかし今回の主力は平面作品であった。

サイトウナオコは包装紙などを長期間保存しておき、そのストックの中から選んだ紙に絵を描く。紙はもともと包装紙などに使われていた場合、シワだらけだが作家は意に介せず描き込んでゆく。そしてその絵が大変達者なのだ。

サイトウナオコが古い紙を好んで使う理由について、「絵が上手すぎるからシワなどの制約を課すことにより、絵が際立たず、描きやすくなるのではないか」と画廊主が推測を述べた。それに対して作家は特に否定はしていなかったようだし、「描きすぎてしまうといけない」というような言葉もあったので、たぶん事実か、あるいは事実に近いのだろう。

それを聞いて私は作家が綺麗な白いキャンバスに描いたらどうなるかと頭の中で想像してみた。私としては、それでも魅力ある絵になると思ったのだが(苦笑)。

また一人、すごい若手作家を知った。有意義な展覧会だった。

« 吉岡淳子 染織展 | トップページ | 今日のオブジェ:チェスの駒? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/48144484

この記事へのトラックバック一覧です: サイトウナオコ個展:

« 吉岡淳子 染織展 | トップページ | 今日のオブジェ:チェスの駒? »

最近のトラックバック