« 美術アーカイブ:1998年(4) ザッキン展 | トップページ | 美術アーカイブ:1998年(5) イタリア美術1945-1995 »

2012年11月12日 (月)

はるもきふぇすてぃばる

藤沢の立ち飲み屋「はるもき」開店4周年を記念してライブハウス「インタープレイ」を借り切って「はるもきふぇすてぃばる」が開催された。

Img_0002

私は2番目のステージ(2曲)に出演した。まずは建築家N氏のギターと私のチェロで、N氏が作曲した「モモコ‘ズ・ララバイ」。姪っ子さん誕生を記念して作ったという曲だ。エレキギターとチェロの組み合わせが珍しいのでウケた(かもしれない)。

Dscf3164

次は私が管楽器の相方とユニットを組んだ「トマソンズ」の演奏。これまで完全即興ばかり演奏してきたが、今回初めて普通の曲を題材に取り上げた。「Go Back to My Country」という村上俊二が作曲した曲だ。最初は相方のバス・クラリネットと私のチェロで浪々と流した。

Dscf3166

途中から相方はカーブド・ソプラノ・サックス、私はピアノに移り、いつもの調子で即興を演奏しまくった。最後に再び和音の明確な普通の曲に戻して終了。異色の組み合わせがウケた(かもしれない)。

Dscf3173

こういうライブハウスでの演奏は生まれて初めてだった。イメージと違うところが多く、疲れたが楽しかった。

« 美術アーカイブ:1998年(4) ザッキン展 | トップページ | 美術アーカイブ:1998年(5) イタリア美術1945-1995 »

コメント

ジョヴァン二さんにとっては
ライブハウス・デビューだったのですね。

私も久々のライブハウスでの演奏に
気合入りました。

ある程度ルーズに演奏できたのも
会場にふさわしかったかと思います。

テツさんお疲れ様。今回の演奏は燃え尽きることができ、達成感を味わっています。張り切りすぎて今朝ダウンし、ようやく回復してきました。次回もよろしく。

ウケましたよ~。(きっと)
トマソンズのますますの発展にかんぱ~い!

いつか「はるもき」に行ってみたいです。

きゃおきゃおさん、雨の中来て戴きありがとうございました。

はるもきは普通の貴婦人は入りにくいですよ。「どっか変わった貴婦人」なら大丈夫かもしれませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/47816272

この記事へのトラックバック一覧です: はるもきふぇすてぃばる:

« 美術アーカイブ:1998年(4) ザッキン展 | トップページ | 美術アーカイブ:1998年(5) イタリア美術1945-1995 »

最近のトラックバック