« 美術アーカイブ:1995年(2) 猪熊弦一郎遺作展 | トップページ | 美術アーカイブ:1995年(3) ピーター・ヴォーコス展 »

2012年10月16日 (火)

祝・整理番号100番を作曲

久しぶりに中規模の室内楽を作曲した。題して「弦楽四重奏曲第4番」。出版される見込みもないのに勝手に表紙を作った。

Img_0003

3楽章構成で、第1楽章 フーガ、第2楽章 スケルツォ、第3楽章 終曲と並べた。全体を通じてオリヴェ・メシアンが考案した人工的な転調不可能な音階を用いた。フランス近代の和声の感じを出したかったのだ。

しかし出来上がってみると、ショスタコーヴィチのような少し皮肉っぽい響きが目立ってしまった。旋律を屈折させたりしたのが影響したか。初演に付き合ってくれる仲間に「メシアンみたいだろ?」と言っても「噓だ、ショスタコーヴィチみたいだ」と言われた。

私はフーガを得意としているので、自己評価としては第1楽章は「まあまあ」、第2、第3楽章は「うーむ」だ。しかし弦楽四重奏仲間はもっと厳しく、全楽章「うーん」だった。

私は恥ずかしいので作品番号を付けていない。それに代え、通しで整理番号を付けている。そしてこの曲は記念すべき「整理番号100番」なのだ。こんな話、自分だけ盛り上がって他人には全く面白くないのだが、まあご容赦戴きたい。

なおこの曲は初演するが、日時・場所は拙ブログには書かない。内輪だけで行い、内輪だけで反省する予定だ。(興味ある方がおられても、もう少しましな曲が出来るまで待って下さい。今回はまだ通過点に過ぎませんので。)

« 美術アーカイブ:1995年(2) 猪熊弦一郎遺作展 | トップページ | 美術アーカイブ:1995年(3) ピーター・ヴォーコス展 »

コメント

「整理番号100番」おめでとうございます! こんどギター曲も書いてください。

原さん、コメントありがとうございました。また長らく本をお借りし、感謝いたします。

ギターの曲というお言葉をありがたく頂戴します。現状ではギターのことがわからず困難ですが、今後に向けての課題に加えます。

「リーメンシュナイダーの世界」受け取りました。ぼくも有本利夫すきですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/47479467

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・整理番号100番を作曲:

« 美術アーカイブ:1995年(2) 猪熊弦一郎遺作展 | トップページ | 美術アーカイブ:1995年(3) ピーター・ヴォーコス展 »

最近のトラックバック