« 佐藤和彦 陶展 | トップページ | 美術アーカイブ:1994年(10) 小山田二郎展 »

2012年10月14日 (日)

美術アーカイブ:1994年(9) ルネ・マグリット展

「ルネ・マグリット展」(三越美術館・新宿)は展示内容も図録も充実していた。デパートでの展覧会にまだ勢いがあった時代であり、地方の2つの美術館と朝日新聞社が共同主催で力を貸したことも大きかったと思う。

Img_0004

マグリットは既に高名なので主要作品などを採り上げてもあまり意味がないだろう。そこで、よく知られたマグリットの画風になる過程の作品に着目してみたい。「海水浴の女」という作品である。

Img_0006

解説を読むとマグリットがポスターなどのデザインを生活のために制作していた頃のものだという。ここには曲線を主体としたアール・デコ調と、直線による抽象的構成の奇妙な融合が見られる。

依頼主の指示にはある程度準拠していたのだろうが、技法・スタイルのうえで当時の流行に盲目的に従わず、独自の試みをしていたのだろう。そういう意味でマグリットを見直すきっかけを与えてくれる作品だ。

マグリットの作品の中には、子供っぽい発想の奇抜な絵画も散見される。しかしこのような大規模な個展で彼の作品の発展過程を見て、全体の流れの中でそれらを味わうと、侮れない底力を感じる。彼はやはり巨匠と呼ぶべき画家なのだろう。

« 佐藤和彦 陶展 | トップページ | 美術アーカイブ:1994年(10) 小山田二郎展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/47453163

この記事へのトラックバック一覧です: 美術アーカイブ:1994年(9) ルネ・マグリット展:

« 佐藤和彦 陶展 | トップページ | 美術アーカイブ:1994年(10) 小山田二郎展 »

最近のトラックバック