« 藤沢の2画廊と展示作品の相互作用 | トップページ | 新作・弦楽四重奏曲第4番の初演 »

2012年10月30日 (火)

江之島参道絵巻展

「江之島参道絵巻展」(ギャラリーT:藤沢市片瀬海岸)に行った。

Img_0003

作家は岡田良記。江ノ島の参道に沿って建物、人物の往来、植物などを細密に描き、掛け軸にした作品が展示されていた。

人物などが極めて達者に本物らしい形で描かれていますね、と在廊だった作家に声をかけた。すると実際はもっと小さく細かい絵で、それをコピーで拡大したものだという。驚いた。何という緻密な作業であろうか。

面白いのは人物の風俗描写だ。江戸時代と思われる着物姿と現代の洋服姿の人物が混在して描かれていたのだ。細かい絵なのでパっと観ただけではわからない。近づいて仔細に眺めてやっと気が付いた。このような遊びの側面も持つ作家だ。

絵葉書を購入。やはり緻密な筆で龍が描かれている。ハシビロコウさんにも送った。

Img


« 藤沢の2画廊と展示作品の相互作用 | トップページ | 新作・弦楽四重奏曲第4番の初演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/47650689

この記事へのトラックバック一覧です: 江之島参道絵巻展:

« 藤沢の2画廊と展示作品の相互作用 | トップページ | 新作・弦楽四重奏曲第4番の初演 »

最近のトラックバック