« 松浦隆幸の写真展 | トップページ | たかがトゲ、されどトゲ »

2012年9月16日 (日)

旧近藤邸

国登録文化財「旧近藤邸」(藤沢市)を見学した。フランク・ロイド・ライトのチーフ・アシスタントを務めた遠藤 新が設計した邸宅だ。

Img_2

藤沢市民会館の事務所に記帳し、鍵を借りて内部を見学できる。

Dscf2792


クラシカルなドアノブの下にクラシカルな鍵穴があり、そこにクラシカルな鍵を差し入れる瞬間から見学は始まる。

Dscf2805

暖炉のある一角は洒落ている。同行した即興演奏の相方によると、この暖炉は大谷石を用いて作られているという。

Dscf2794

暖炉の脇には木の葉で作られた和飾りが殺風景な部屋に彩を添えている。

Dscf2798

そして暖炉の中を覗き込むと、そこはチェンバロの内部のようであった。

Dscf2797

四角い窓枠はサイズの大小により変化を付けられ、それらが並ぶことによって心地よいリズムが生じている。

時には長方形が回転し、菱形となってさらなる変化をもたらしている。

Dscf2796


Dscf2793


菱形と競うように存在感を示しているのは丸い照明器具。これはもしかして設計者遠藤の師であるフランク・ロイド・ライトの作かもしれぬ。日本語はRとLの区別が無いので「ライトのライト」というオヤジギャグが成立する。

Dscf2795

建物の外に出ると林立する柱が新たなリズムを主張している。

Dscf2807

柱に守られるように設置されている四角いものは鯉の池か。

Dscf2811_2

樹々は建物よりはるかに高く生育し、時の流れを刻む。

Dscf2809

夕日が建物にハート印を投影すると、閉館時間が近いことがわかる。旧近藤邸に別れを告げる時が来た。

Dscf2806

« 松浦隆幸の写真展 | トップページ | たかがトゲ、されどトゲ »

コメント

私も 後を追いかけます(笑!)。
仕事が速いですね~。
お付き合い頂き有難うございました。

お疲れ様でした。建築鑑賞+写真鑑賞+お清めで三拍子揃いましたね。今後もよろしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/47093669

この記事へのトラックバック一覧です: 旧近藤邸:

» 葉山・藤沢 建築とアートめぐり 旧近藤邸 [きゃおきゃおの庭]
9月の半ばというのに、傾きかけた太陽が、容赦無く照りつけます。 藤沢駅から徒歩10分。午後遅くに旧近藤邸を見学しました。 旧近藤邸は、藤沢市辻堂の松林に建てられた別荘です。 老朽化のため取り壊されることが決まり、保存を求める市民運動により藤沢市が譲り...... [続きを読む]

« 松浦隆幸の写真展 | トップページ | たかがトゲ、されどトゲ »

最近のトラックバック