« 美術アーカイブ:1994年(3) ハンガリー構成主義 | トップページ | 松岩邦男個展 »

2012年8月 7日 (火)

美術アーカイブ:1994年(4) マルタ・パン

「都市をアートする彫刻家 マルタ・パン・イン・ジャパン」(伊勢丹美術館)も楽しい展覧会だった。

__001_4

前の記事でハンガリー構成主義を採り上げたが、実はマルタ・パンはハンガリー出身なのである。いくつかの記事が連想ゲームで結合し合っているようで楽しい。

マルタ・パンは私の大好きな彫刻家の一人だ。それもそのはず、最も敬愛する彫刻家ブランクーシ、最も尊敬する建築家ル・コルビジェ、大好きな画家レジェの3人に啓示を受けたというのだから。

以前仕事で幕張に行った際、テクノガーデンに設置された「STELE・LENS」という円盤が縦に置かれたような作品を観て素晴らしいと感動した。この展覧会のタイトル「マルタ・パン・イン・ジャパン」が示唆するように、彼女の作品は日本の各地で観ることができる。

__001_5

マルタ・パンというと「浮かぶ彫刻」で有名だが、そのようなキャッチフレーズを打ち出さなくても、彼女の作品はその美しい形状と構成感で充分尊敬に値すると思う。

そういえば妻ジョアンナ(仮名)はマルタ・パンのデザインによるブローチを持っている。長方形の金属板を波状にくねらせたシンプルな造形だ。買い求めたのは恵比寿ガーデンプレイスだったと記憶している。マルタ・パンのセンスは大きなものから小さなものまで生かされている。

« 美術アーカイブ:1994年(3) ハンガリー構成主義 | トップページ | 松岩邦男個展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/46615902

この記事へのトラックバック一覧です: 美術アーカイブ:1994年(4) マルタ・パン:

« 美術アーカイブ:1994年(3) ハンガリー構成主義 | トップページ | 松岩邦男個展 »

最近のトラックバック