« ムガ スグルの世界 | トップページ | 上村松園と鏑木清方 »

2012年8月27日 (月)

Giovanni展という展覧会があった

「第3回Giovanni展」(ギャラリーセイコウドウ:銀座)に行った。

Giovanni__001


自分の名前を冠にした展覧会が企画されるとは、私も偉くなったものだ。これは勿論冗談だが、一瞬だけ良い夢を見させてもらった感じがある。

この展覧会のことを教えてくれたのは仮の名前で「パレットさん」だ。行ってみたら初日でオープニング・レセプションが始まっていた。ワインまで飲めて望外の愉しみを得た。パレットさん、ありがとうございました。

レセプションに入っていたので、6人の作家が出展した全ての作品をゆっくり観ることはできなかった。結果としてパレットさんが知り合いの飯坂郁子の絵画作品を中心に観た。

ベンチに女性が一人腰かけている作品があった。背景は無彩色で塗りつぶされ、ベンチも一部しか見えない。はっきり見えるのは女性ひとりだけだ。孤独に悲しんでいるのだろうか。でも、もしその女性に声をかけたら「寂しくなんかないから大丈夫よ」というようなレスポンスが返ってきそうだ。

では冷たいかというと、そうでもない。「ちょうど退屈し始めたところだから、少しお話しましょうか」ぐらいは言ってくれそうだ。

そして興味深いのがその隣に展示されたハイヒールの作品だ。画面の真ん中に靴がぽつんと置かれている。このハイヒールとの間で、先の女性像と交わしたまったく同じ会話が成立しそうな雰囲気があったのである。

勿論、人間が靴に話しかけること自体空想の世界であるし、ましてや相手は絵である。でもそんな架空のやりとりを想像するのもまた楽しい。

そんな感じから、飯坂郁子の絵を「明るい心象風景」とか「陽性の心象風景」とか呼んでみたくなった。この造語には無理があるかなあ。本来「心象風景」というと暗く、シュールで怖いというベクトルになってしまう。それをひっくり返して「明るい」とか「陽性」とか呼ぼうというのだから少々強引かもしれない。でもそんな感じなのだ。

もう一人、インダストリアルデザイナーの濱守千弘と知り合った。今回はあまり多くのことを知る時間がなかったが、自らの個性を重んじるアーティストのように思えた。今後の活動をぜひ観たい。

« ムガ スグルの世界 | トップページ | 上村松園と鏑木清方 »

コメント

靴の絵は面白かった。
配置が飯坂さんでした。
少しシャイで、もの言いたげな可愛い靴でした。

展覧会の情報ありがとうございました。作品を鑑賞し、その作家さんと話し、さらにワインも味わうなんて最高の幸せですね。ブルーマンデーがハッピーマンデーになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/46846121

この記事へのトラックバック一覧です: Giovanni展という展覧会があった:

« ムガ スグルの世界 | トップページ | 上村松園と鏑木清方 »

最近のトラックバック