« 美術アーカイブ:1993年(2)パウル・クレーの芸術 | トップページ | 美術アーカイブ:1993年(4) 雨宮一正 彫刻展 »

2012年7月31日 (火)

美術アーカイブ:1993年(3) 牛島智子展

「牛島智子展 多重ことば」(スカイドア アートプレイス青山)に行ったのは価値あることだったらしい。

001

作家より先に画廊のことに言及して失礼だが、このギャラリーは既に閉館している。当時は気鋭の現代(当時の)アーティストを積極的に支援・紹介する情報発信の場であった。今は無き展示場を回想しながら、自分自身のアート遍歴に想いをめぐらすのも、また一興かと思う。

当時の牛島の作品は、変形キャンバス(あるいは普通のキャンバスを切って変則的な形にした?)を組み合わせた抽象作品であり、その形象と構成が心地よかった。

しかし正直なところ、その後牛島をフォローすることを怠ったまま現在に至ってしまった。ネットで牛島を検索したところ、同じような作風をずっと継承していたようであり、感無量である。

栄枯盛衰と言おうか、作家も苦労が多いと思うが、画廊ビジネスも浮沈が激しく大変だと思う

« 美術アーカイブ:1993年(2)パウル・クレーの芸術 | トップページ | 美術アーカイブ:1993年(4) 雨宮一正 彫刻展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/46531904

この記事へのトラックバック一覧です: 美術アーカイブ:1993年(3) 牛島智子展:

« 美術アーカイブ:1993年(2)パウル・クレーの芸術 | トップページ | 美術アーカイブ:1993年(4) 雨宮一正 彫刻展 »

最近のトラックバック