« 解脱上人 貞慶 | トップページ | 紀声会コンサート »

2012年7月17日 (火)

美術アーカイブ:1986年 クラベ展

ハワイから帰国後、初めて観た本格的な展覧会は「アントニ・クラベ展」(東京都庭園美術館)だ。

Photo


クラベは「ピカソの後継者」とまで言われた達人なのだが、なぜか名前が埋もれている。私としては素晴らしい芸術家だと思っているので、残念でならない。

クラベは何を作っても素敵だ。絵画作品の代表として「もう一人の戦士」を観てみよう。その色彩と幻想性、そして配慮されてないように見えて配慮されている構成、どれをとっても素晴らしい。

001

彫刻も良いが、珍しいタイプの作品としてレリーフを紹介したい。「星と手袋」だ。何と素晴らしい作品だろう。無機的な直線と有機的な手の曲線の交錯がこの作品の魅力を増している。

001_2

そしてコラージュの「ドン・パブロに捧ぐ」。捧げる相手はもちろんピカソしかいない。この構成感がたまらない。色彩も全体的に地味でありながら、豊かな感じを出しているところが常人の技ではない。

001_3

図録には堀田善衛がクラベの生まれ育った町の情景から書き始めて2ページにわたる熱いメッセージを寄せている。最後から6行目に一言「私はクラーベが好きだ」という「宣言」を残している。図録を買っておいて本当に良かった。

« 解脱上人 貞慶 | トップページ | 紀声会コンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/46363529

この記事へのトラックバック一覧です: 美術アーカイブ:1986年 クラベ展:

« 解脱上人 貞慶 | トップページ | 紀声会コンサート »

最近のトラックバック