« 美術アーカイブ:1987年 日本のガラス造形・昭和 | トップページ | 美術アーカイブ:1989年 パウル・クレー展 »

2012年7月22日 (日)

美術アーカイブ:1988年 キュビズムのピカソ展

「キュビズムのピカソ展」(東京ステーションギャラリー)は煉瓦を積み上げた壁面にキュビズム作品がよくマッチして楽しめる展覧会だった。

001_2


私はピカソのキュビズム以外の作品は好まない。しかしピカソはブラックと共にキュビズムを開拓してくれたので、その点に関しては敬意を表する必要がある。そしてこの展覧会は、ずばりピカソのキュビズム作品に焦点を当てたものなので、喜んで行ったというわけだ。

図録の表紙に採用された「ギターのある静物」は少しファン・グリスを想わせる理知的なたたずまいで好感が持てた。補色関係にある赤と緑も薄く、控えめに塗られているので、どぎつさを感じさせない。

この年、東京ステーションギャラリーは開館の翌年であった。関係者がヤル気まんまんだったのだろう。良い展覧会だった。

« 美術アーカイブ:1987年 日本のガラス造形・昭和 | トップページ | 美術アーカイブ:1989年 パウル・クレー展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/46418590

この記事へのトラックバック一覧です: 美術アーカイブ:1988年 キュビズムのピカソ展:

« 美術アーカイブ:1987年 日本のガラス造形・昭和 | トップページ | 美術アーカイブ:1989年 パウル・クレー展 »

最近のトラックバック