« 吉阪隆正 蔵書公開 | トップページ | エルンスト展 »

2012年6月24日 (日)

ベートーヴェン弦楽四重奏曲・連続演奏

「サロンコンサート」(横浜市イギリス館)にチェロで出演した。現在ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の全曲演奏に取り組んでおり、今回は3曲予定していたが、事情により2曲に絞って演奏した。

20120623__001

演奏したのは初期の2曲:
第2番 ト長調 作品18-2「あいさつ」
第5番 イ長調 作品18-5

作品18は中期・後期に比べると作曲技法のうえでは全般的に平板だ。しかし第5番の第3楽章(変奏曲)の最後の部分は工夫のあとが見られる。各パートが旋律や対旋律を交互に、自由に歌いながら織物を織るように進んでゆくのだ。ちょっぴりバッハを想わせるような構成で、単調さを救っている。

これで残すは第1番、第7番、第13番、第16番、大フーガの5曲となった。次回は第7番と第16番を演奏する予定だ。まだまだ道は険しい。

« 吉阪隆正 蔵書公開 | トップページ | エルンスト展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/45817889

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン弦楽四重奏曲・連続演奏:

« 吉阪隆正 蔵書公開 | トップページ | エルンスト展 »

最近のトラックバック