« 檑亭・数え歌 | トップページ | 豊島 尚 展 »

2012年4月12日 (木)

宮沢賢治・詩と絵の宇宙

「宮沢賢治・詩と絵の宇宙」(そごう美術館:横浜)に行った。「雨ニモマケズの心」という副題が添えられていたが、そのようなキャッチフレーズに関係なく、会場に吸い寄せられていった。

_

宮沢賢治は以前から好きだったが、その思いを強くしたのは「宮沢賢治万華鏡」(新潮文庫)だ。この本には賢治の魅力がぎっしり詰まっている。

__2

その図版の最初を飾っているのが賢治自身が描いた絵画「日輪と山」。今回のお目当ての一つだった。その静かな幻想性は極めて個性的だ。展覧会鑑賞後、当然のように絵葉書を購入した。

__3

今回の展覧会では賢治にちなんだ多くのアーティストの作品が展示されていたのだが、驚いたのは、そうそうたるメンバーが競うように作品を制作していたことだ。

その代表が「ハイ・レッド・センター」の赤瀬川源平 大先生を除く二人(高松次郎と中西夏之)、そして「もの派」の重鎮・李 禹煥(リ・ウーファン)だ。これはただ事ではないと思った。

また司修の動画作品も味わい深く、賢治作品のエッセンスを現代風に甦らせていた。このように賢治を中心とした楽しい世界が会場に溢れ、まさに「詩と絵の宇宙」だった。賢治ファン必見の展覧会と言ってよいだろう。

« 檑亭・数え歌 | トップページ | 豊島 尚 展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/44857984

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治・詩と絵の宇宙:

« 檑亭・数え歌 | トップページ | 豊島 尚 展 »

最近のトラックバック