« 中村英生 日本画展 | トップページ | ジャクソン・ポロック展 »

2012年4月29日 (日)

古澤 潤展

「古澤 潤展 2000-2012」(横須賀市文化会館 市民ギャラリー)に行った。久しぶりに妻ジョアンナ(仮名)も同行した。

__5

同展を訪れたきっかけは、彫刻家・岩崎幸之助さんの勧めだった。「何としても行くべし」というので、これは見逃せないと思い、文字通り「無理矢理都合をつけて」(笑)飛んでいった。そして、岩崎さんの言葉通り素晴らしい作品群に出会うことが出来て大満足だった。岩崎さん、ありがとうございました。

古澤 潤の作品群は、私の愛好するスタイルのラインナップをすべて備えているようだった。
♪強い構成感
♪構成された色彩
♪シュール
♪心象風景

以下、気になった作品について詳しい感想を書いてみる。個々の作品に関しては、他の作家の作品で類似するものに言及しが、これは決して古澤が真似たということではない。これだけの力量の作家なので、そんな真似事は必要ない。他の作家の作品を題材にした作品は古今東西の名作の中にいくらでも見つけられる。

古澤の作品で他の作家の作品に類似したものは、偶然か、あるいは古澤が一種の遊び心で意図的に他作品を取り込んだ作品ではないかと思う。誤解があるといけないので補足しておく。

◆シリーズ 伐られた木

__9

「サーカス 2000 I」および「サーカス Ⅱ」は片手倒立を披露している軽業師を描いたものだが、これは東郷青児の「つれづれ」というシュールな作品に描かれた人物を想起させる。ただし上下は逆である。また東郷作品の人物のほうが若干太めかもしれない。背景を含めた絵としての完成度は圧倒的に古澤作品のほうが高いと思う。またこの絵はルフィーノ・タマヨの幻想的な絵画も思い起こさせる。

「かつて樹木といわれていた」は絵画としても素晴らしいが、そのコンセプトが秀逸だと思った。森林伐採に対する作家の複雑な想いが伝わってくるようである。

「昇華」は率直に言って絵として好きだ。そこに理由は不要だと想う。

「葩(はな)」は木口木版画であろうか。柄澤齊(からさわ ひとし)の作品のような趣があり素晴らしい。

「寓意―包まれる」は白い布に包まれた樹木の一部が人間のように描かれているので心騒がせられた。これはキリストを覆った聖衣を象徴した画像であろうか。包むというと梱包芸術家のクリスト(キリストに発音が似ている)を思い出すが、古澤 潤のいう「包む」はクリストよりもっと直截的に死生観を語っているように思えた。

「生きていた」は「昇華」同様、素直に好きな作品だ。

「水辺に立つ逆説的な樹」もしかり。このような作品は大好きだ。

「ピエタ Ⅱ」他に登場する鳥はマックス・エルンストの描く鳥類に似ている。違いを挙げるとすれば、古澤作品の鳥のほうが若干力強い印象を与えるという点であろうか。

「彼方に」には版画家・中林忠良の作品を連想させる要素があった。雑なようでいて細密、緩慢なようでいてシャープ、といったような矛盾した要因を同梱している感じである。観ていて飽きない。

「ピエタ Ⅲ」には威嚇するような雰囲気がある。わずかではあるが、フランシス・ベイコン描く法王のたたずまいを感じたからだ。暗くてよく見えないところがまた恐ろしさを助長しているようだ。

◆シリーズ 黒い水

__10

「寓意-巷」のような作品は大好きだ。四角い箱が積み重なって一つの大きな箱を形成している。個々の小さい箱にはそれぞれオブジェが置かれている。それらのオブジェの一つ一つのシュールな形態を味わってもよし、それらの集合体である全体構成を味わってもよし。シュールと構成の「総合芸術」がここにある。

「すがた」は、棟方志功の「釈迦十大弟子」になぞらえたものであろう。志功作品よりさらにデフォルメが進み、ほとんど抽象化されている。しかし宗教的な雰囲気は損なわれていない。作家の力量はこのような作品で表れるのではないか。

「黒い水 Ⅵ」は、明らかに尾形光琳の「紅白梅図屏風」へのオマージュであろう。特徴的なのは左側に配された碇(いかり)のようなオブジェ。これは彫刻家のエドワルド・チリーダの作品に似ている。

◆シリーズ 死者の譜

__11

「死者の譜 XVI-671-」はリトグラフとコラージュの素材として新聞紙を活用した重々しい作品だ。中央にイラク戦争の犠牲者と思われる肖像が配置され、その周囲に無数の死者の人形(ひとがた)が群がっている。このたたずまいはクリスチャン・ボルタンスキーの不気味な作品を彷彿とさせるものがある。

「死者の譜 XII-4,565-」を観て、なぜかサム・フランシスの作品を想いだした。しかしサム・フランシスの作品に特徴的な鮮やかな色彩と比べ、この作品は暗い色調なので、全く逆である。このような対極にある作品を想起するに至った理由はわからない。後日もし判明することがあれば、古澤 潤の作品の特質についてもっと掘り下げることができるだろう。その時のためにこの記録を残しておきたい。

「死者の譜VI-7,814」はキャンバスを斜めに配置して菱形とした作品だ。その中央には細い切れ目があり、それが一つ目のように見える。そして全体的にフリーメイソンの「ピラミッドの眼」のように見える。これはたぶん偶然であろう。

◆2012.3.11~
「裂かれた風景 Ⅱ」はその構成・色彩そのものが素晴らしく、そのまま抽象絵画として愛好したい。一方、この作品には東日本大震災の記録という社会派的なメッセージも込められている。このように、一つの絵画の内包する純粋に色と形の構成という側面と、メッセージ性という側面を併せ持つ作品への接し方は難しい。私は純粋な構成を好み、芸術作品に込められたメッセージ性を忌避する癖がある。しかし古澤 潤の筆致があまりにも見事であるため、メッセージ性をはらんでいても、それを乗り越えて愛好してしまうという状態なのだ。

「落ちてゆく四つの方形」は、微妙に角度を変えながら集積された四辺形のコンポジションが魅力的である。

「解けないあや取り」(上図・右)に描かれた人物の顔にあたる部分には空虚な穴が于があけられている。これはルフィーノ・タマヨの描く人物像を想起させる。また全体の色彩は若干ではあるが有元利夫のフレスコ画の雰囲気がある。

「予感」は大好きなタイプの作品だ。

こんな素晴らしい画家を、これまで私は知らなかった。不勉強を認める。

« 中村英生 日本画展 | トップページ | ジャクソン・ポロック展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/45070935

この記事へのトラックバック一覧です: 古澤 潤展:

« 中村英生 日本画展 | トップページ | ジャクソン・ポロック展 »

最近のトラックバック