« 近代洋風建築写真パネル展 | トップページ | 浜野美津子 歌曲コンサート »

2012年3月19日 (月)

都の遊び・王朝の美

「京都 細見美術館展 Part Ⅰ 都の遊び・王朝の美」(そごう美術館:横浜)に行った。「美を愛でる、京を知る」という副題が付けられていた。おなじみF君が招待券をくれたのだ。F君いつもありがとう。

_

このような伝統の重みがある展覧会に行くと、展示作品が好き嫌い、あるいは興味ある・なしにより明確に分かれてしまう。楽しめた作品を列挙してみよう。

♪藤原定信 書 重要美術品 「貫之集下断簡 石山切」(彩箋墨書)
文字の集積に爽やかな構成感があり、好感が持てた。

♪沖 一峨 「薬玉図」(絹本著色)
奇妙な味わいがした。私にとっては心象風景のように見えた。

♪鈴木其一 「掛蓬菜図」(絹本著色<描表装>)
縁起物らしき物が十字架状にきちんと並べられて描かれているだけなのだが、シュールなたたずまいであった。

♪「八角水指」(有線七宝)
緑の色あいが美しく、施された装飾も構成感に満ち、楽しめた。

__2

その他の作品の感想。
最近がぜん注目度がアップした♪伊藤若沖の「萬歳図」は渋いモノクロームに奥行きのある味わいがあった。

♪酒井抱一も「立雛図」で存在感を出していたが、今回の展示に限っていえば、弟子の鈴木其一の作品のほうがインパクトがあった。

♪合わせ貝、♪かるたなどは細かい絵付けに感心した。

♪「洛外図屏風」はよく引き合いに出されるが、じっくり観たことが無かった。今回、会場に入るといきなりこの作品が眼に飛び込んできた。やはり「定番」はそれなりの美しさと品格を持っているのだなあと感心した。

« 近代洋風建築写真パネル展 | トップページ | 浜野美津子 歌曲コンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/44556080

この記事へのトラックバック一覧です: 都の遊び・王朝の美:

« 近代洋風建築写真パネル展 | トップページ | 浜野美津子 歌曲コンサート »

最近のトラックバック