« 美術アーカイブ:1982年 転機 | トップページ | 近代洋風建築写真パネル展 »

2012年3月18日 (日)

トマソンズ第6回演奏

「小さなおさらい会」(八幡山の洋館:平塚)は妻ジョアンナ(仮名)達によるヴァイオリンとピアノの合同おけいこ発表会だ。

20120317_

この神聖なる発表会に「トマソンズ」がアヴァンギャルドな即興で「乱入」してしまった。管楽器を持っているのは相方であろうか。そしてその背後から忍び寄る邪悪な姿はジョヴァンニであろうか。

Photo

即興ユニット「トマソンズ」は相方(テツ)と昨年5月に結成した。メロディーもコードも何も設定せず、完全に自由な即興を行うスタイルだ。これまでに5回のステージを踏んできた。
♪サロンライトコンサート(永山公民館)
♪すみだ川アートプロジェクト2011(浅草)
♪西洋館のミニ・コンサート(横浜市イギリス館)
♪「最後のテレビ」(アーティスト毛原大樹が横浜トリエンナーレの一環として出展したブース)出演(新港ピア)
♪秋の室内楽コンサート(松本音楽記念迎賓館)

Dscf9430

今回は第6回目で、昔の友人も聴きに駆けつけてくれたので力が入った。相方の音に反応し、頭で一瞬のうちに作ったイメージを音にしようと必死に取り組んだ。それである程度の満足感は得られた。しかし描いたイメージ通りには簡単にいかない。これは指が速く回らないからだ。つまりもともと楽器が下手なうえに基礎練習を怠っているから当然の罰だ。

今後に向けて、ほとんど開いたことがない「ハノン」(ピアノ)や「ウェルナー」(チェロ)などの教則本をやり直そうかと思った。しかし三日坊主になってしまうかなあ・・・。

« 美術アーカイブ:1982年 転機 | トップページ | 近代洋風建築写真パネル展 »

コメント

ご招待いただき有難うございます。
ジョヴァンニさんの演奏、楽しかったです。
ピアノのソロが、光っていました♪

きゃおきゃおさん、雨のなか遠方から来て戴き感謝いたします。また「反省会」にもご参加戴き貴重なお話を伺うことができて良かったです。これに懲りず「トマソンズ」をごひいきにお願いします。

このトマソンズの写真。
ジョヴァンニさんがまるで私の背後から忍び寄る
「悪魔」のようですね。

小さな子どもが聴いてる会場でもアヴァンギャルド。
この日のジョヴァンニさんのピアノには「鬼」が宿る一瞬がありました。

テツさんお疲れ様でした。また、いつもの事ではありますが、遅くまで「お清め」につきあって戴き感謝いたします。

おさらい会に来てくれたクラスメートのうち一人は第1回を聴いてくれたので今回進歩を見せないといけないというのがプレッシャーになりました。そこで、ぬるい演奏は決してしないぞ!と心に誓って臨みました。ぬるくない演奏が出来たと思っていますが、ムキになりすぎた感がありますね。でも「鬼」まではいきませんよ。子供の鬼ぐらいか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/44536358

この記事へのトラックバック一覧です: トマソンズ第6回演奏:

» 旧横浜ゴム平塚製造所記念館 [きゃおきゃおの庭]
雨の日の土曜日。 トマソンズ(ブロ友テツさんとジョヴァンニさん)の演奏を聴きに 出かけてみました。 家から少し遠いけれど、会場が「洋館」とのことで 気分はうきうき。 JR平塚駅から徒歩10分位。 平塚八幡宮を過ぎてまもなく可愛らしい洋館が見えてきました。 明か...... [続きを読む]

« 美術アーカイブ:1982年 転機 | トップページ | 近代洋風建築写真パネル展 »

最近のトラックバック