« 美術アーカイブ:1980年(7) 駒井哲郎 銅版画展 | トップページ | 美術アーカイブ:1980年(9)ポンピドゥ・センター 20世紀の美術 »

2012年2月22日 (水)

美術アーカイブ:1980年(8) スコア展

「スコア展 <人間学への接近>vol.2 第1週」(兒嶋画廊)に行ったのは、当時「麗会」で一緒に即興演奏を行った故・吉村弘に誘われたからだ。

__

会場では第1週の代表格だったと記憶している彫刻家の浜田剛爾と名刺交換したのだが、その後フォローアップを怠り人脈形成に至らなかった。残念だが、これは自分の意思の問題である。当時は今ほどコミュニケーションに積極性が無かったのだ。

___2

今思うと、このイベントは大変な価値があった。第1週には巨匠・粟津潔も参加していたこともそれを裏付けている。

現在はパフォーマンス・アートを受容する社会的背景が出来ていると思うが、当時はまだもの珍しい表現様式だったと思う。そのような時代に、このそうそうたるメンバーのクリエーションのパワーが一堂に会したのは素晴らしい。

« 美術アーカイブ:1980年(7) 駒井哲郎 銅版画展 | トップページ | 美術アーカイブ:1980年(9)ポンピドゥ・センター 20世紀の美術 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/44223882

この記事へのトラックバック一覧です: 美術アーカイブ:1980年(8) スコア展:

« 美術アーカイブ:1980年(7) 駒井哲郎 銅版画展 | トップページ | 美術アーカイブ:1980年(9)ポンピドゥ・センター 20世紀の美術 »

最近のトラックバック