« 元永定正さんの作品に元気づけられたこと | トップページ | 横トリ:新・港村 »

2011年10月 8日 (土)

横トリでの即興演奏

「横浜トリエンナーレ2011」の会場の一つ「新・港村」で即興ユニット「トマソンズ」が即興演奏する機会を得た。

昼の桜木町駅前で相方のサックス吹きTさんと待ち合わせ。折りしも「横浜Jazz Promenade」(ジャズフェスティバル)が開催中だった。

Dscf1354_3

12時になると野外演奏が始まった。

Dscf1358_3

相方来る。まずは腹ごしらえ。とある眺めの良いレストラン(場所は秘密)でブラジルの料理「フェジョアーダ」とインドのビール「キングフィッシャー」というハイブリッドな昼食を楽しむ。

Dscf1359_4

会場は「新・港村」。

Dscf1371_3

今回の演奏は、アーティストの毛原大樹が「最後のテレビ」と称してアナログ技術によるテレビ放送を会場各所に設置されたテレビに放映するというパフォーマンスに乗っからせて戴いたものだ。

Dscf1434_4

演奏する場所は毛原のブース。アンテナを構えた放送局のようだ。

Dscf1377_4 

会場に行き、演奏を始める。中の様子を外から覗くとこんな感じ。今回は「トマソンズ」のユニットにベースギターのIさんが加わり、トリオとなった。ブースの中に入って上を見上げるとこんな感じ。別世界となる。

Dscf1439_3

テレビに映るとこんな感じになる。音も出る。

今回はピアノを使えず、私はチェロだけを演奏した。しかし細かいパッセージがチェロでは難しく、思った通りの演奏ができなかったのが惜しかった。

« 元永定正さんの作品に元気づけられたこと | トップページ | 横トリ:新・港村 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/42382328

この記事へのトラックバック一覧です: 横トリでの即興演奏:

» BankART LifeⅢ 新・港村 最後のテレビ [中年とオブジェ〜魅惑のモノを求めて〜]
ヨコハマトリエンナーレ2011特別連携プログラムとして新港ピアを会場にしたプロジェクト「新・港村」。会場内に木材・ベニヤ板などで建てこまれたブースの連なりは、小さな集落の ... [続きを読む]

« 元永定正さんの作品に元気づけられたこと | トップページ | 横トリ:新・港村 »

最近のトラックバック