« 濱田庄司スタイル展 | トップページ | 上林 礼和展 »

2011年9月 1日 (木)

辰野 登恵子展

2011年8月30日(火)
「辰野 登恵子展 抽象―明日への問いかけ」(SHISEIDO GALLERY)に行った。おなじみF君が勧めてくれたのだ。

_exhibition_

抽象絵画した傾倒した作家ということで期待して行ったのだが、作品の放つオーラは若干弱めのように感じた。今回は辰野が初めてリトグラフに挑戦したというので、その分切れ味が鈍かったのかもしれない。過去の抽象絵画も併せて展示したほうが良かったのではないかと思った。

_exhibition__2

なお辰野がパリのIDEMという版画工房で今回の作品を制作した状況がスライドショーで紹介されていたが、それは良かった。工房内部の様子、制作に取り組む辰野の姿、アシスタントの働きぶりなどが活き活きと撮られていたから。

感じのいい抽象作品が多かったので、今後が楽しみだ。

« 濱田庄司スタイル展 | トップページ | 上林 礼和展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/41459237

この記事へのトラックバック一覧です: 辰野 登恵子展:

« 濱田庄司スタイル展 | トップページ | 上林 礼和展 »

最近のトラックバック