« 上林 礼和展 | トップページ | サロンコンサート出演 »

2011年9月 8日 (木)

リアリズム作品展

「リアリズム作品展」(成城さくらさくギャラリー)に行った。

_

抽象画を偏愛する私だが、磯江 毅の作品に感動したことは既に書いた。「画家が志と技術を突き詰めれば、スタイルの違いには関係なく、「突き抜けた」普遍的な領域に到達するのではないか」とも。

今回の展覧会は、この磯江 毅の個展が伏線となっていたので、偏見なくすんなり入り込めたと思う。そしていくつかの収穫もあった。

♪生島 浩の美人画は理屈抜きで好きになった。人気作家で作品完成まで順番待ちが出るようなことを聞いて驚いた。こういう絵が芸術の本来の姿なのかもしれない。キュビズムなどで理屈をこねて喜んでいるより・・・。

♪平澤 篤の「オオタカ」は面白かった。殿様が鷹狩りに出かけたところを描いたような日本画を背景に、鷹の頭蓋骨が大きな時計の上に乗っている。興味深い点は2つある。1つはだまし絵の性格を持っている点だ。鷹狩りの絵が画鋲とセロテープで壁に貼ってあるように見えるが、実はそれらは描かれた物であるという、このての作品でよく使われる手法だ。もう1つは鷹というキーワードで異なる物を並置したこと。コンセプチュアルな側面も持ち合わせていそうだ。

♪港 信夫の黒地に真っ赤な薔薇の絵は求心力があった。具象ではあるが、花びらの配置が意図された構成を想わせ、具象・抽象両方のファンを引き付ける要素を持っているように思った。

この展覧会は面白い。絵が好きな友人にはぜひ行ってもらいたいと思う。

« 上林 礼和展 | トップページ | サロンコンサート出演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/41579636

この記事へのトラックバック一覧です: リアリズム作品展:

« 上林 礼和展 | トップページ | サロンコンサート出演 »

最近のトラックバック