« 河田涼子 ソプラノ・リサイタル | トップページ | ナイトギャラリー~白秋 »

2011年8月25日 (木)

コムロレイコ 佐渡山静香 2人展

2011年8月24日(水)
「コムロレイコ 佐渡山静香 2人展」(art truth)に行った。

__

♪コムロレイコの大きなオブジェは綾取りをモチーフにしていた。多くのピンに糸が絡められ、縦、横、斜めに張られて全体が構成されている。私はこの作品を観て、なぜか村上善男の作品を想いだした。チラシに採用された「花巻湯本椚ノ目熊野神社包囲圖」という難しい名前の作品である。

Photo_2

村上作品は絵だが、ピンに糸状の物を張った感じは似ている。しかし似ているのはその点だけであり、全体としては全く似ていない。そもそもコムロ作品が若々しくて明るいのに比べ、村上作品は年齢を感じさせて暗い。

このように対照的な作品なのだが、なぜコムロ作品が村上作品の記憶を呼び覚ましたのかわからない。店主から、コムロのオブジェが架かっている所がヒーリングスポットだという話を聞き、村上の呪術的な側面を連想したのだろうか?

一方、♪佐渡山静香は面白い作品を作っていた。木製のただの引き出しなのだが、それを開ける際にちょっとドキドキ感がある。びっくり箱になっているかもしれないし、奇想天外な物が入っているかもしれない。

しかし引き出しの中にあったのは、そのような奇をてらった物ではなく、ごく普通の物であった。そのため意外性には欠けるが、逆に安堵感が強まり癒し効果があると思った。これからギャラリーを訪れる人のために具体的には書くのを控えておく。

また箱の中に動物が描かれた作品もあった。黒地に象さんが玉乗りをしている絵はなかなか魅力があり、黒地の効果について考えさせられた。

その日某所で飲み会があり、あまり時間をかけて観られなかったのが残念だが、二人の若手アーティストの創造のオーラは感じ取ったと思う。

« 河田涼子 ソプラノ・リサイタル | トップページ | ナイトギャラリー~白秋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/41358067

この記事へのトラックバック一覧です: コムロレイコ 佐渡山静香 2人展:

« 河田涼子 ソプラノ・リサイタル | トップページ | ナイトギャラリー~白秋 »

最近のトラックバック