« 妻の遺した秘密の絵 関谷富貴の世界 | トップページ | 路上観察:宇都宮ではギョーザ様 »

2011年6月15日 (水)

路上観察:なんだ坂、菊名の坂

「チェロとマリンバによる ティータイムコンサート」の会場「ギャラリー&スペース 弥平」は菊名駅から坂を上ったところにある。駅からの道すがら、本職(?)の路上観察を試みた。まずは駅の看板。何てことない普通の看板だ。しかしその上には巨大なヘアピン状のオブジェが貼り付いている。スタートラインからして何やら不気味だ。

Dscf0671_2

くぐろうとしたら、いきなり「壁画」が出現。パチンコ屋の広告が端に見える。壁画といえば今は無き東横線・桜木町駅付近の高架下壁画だ。そして今回も東横線・・・。東横線というのは若き壁画アーティストを引き付ける何かを有しているのだろうか?

Dscf0668

その反対側の「壁画」。こちらは「天丼」の旗。エンタメとグルメが対峙しているわけだ。「メ」でくくれば因数分解できるな。

Dscf0669

ガードを抜けて目にしたのが「西口商店街」のエントランス風景。この重層的なたたずまいを見よ。この街の一筋縄ではいかない奥深さを象徴しているかのようだ。赤を基調とした色彩構成の強烈なこと。

Dscf0666

坂を上りかけると、空間が捻じ曲がり、鎌倉の鶴岡八幡宮にワープ。台風で折れた大銀杏(いちょう)の痛々しい姿を目の当たりにする。

Dscf0672

こんどは鎌倉から下水道のネットワークを駆使して菊名に戻り、マンホールの蓋を開けて出てきたところの図。菊名は横浜市だ。横浜と言えばベイブリッジだ。

Dscf0675

坂を上ってゆくと随所に紫陽花が美しい姿を見せる。うっとおしい梅雨時、気分を爽やかにしてくれる貴重な存在だ。

Dscf0660

Dscf0663

Dscf0673

Dscf0674   

同じ植物でもこちらは日陰の存在、おなじみ根性植物。

Dscf0677

菊名の根性植物は感情を持っているらしく、環状に並んで楽しそうにダンスを踊っている。色彩に関しても変化に富んでおり、これはもう芸術的意思を持っているとしか考えられない。

Dscf0678

根性植物が密生してくると、あたりがアンコールワットのような南国の遺跡跡に見えてくるから不思議だ。右側の三角形状の開口部からは漆黒の地下世界が広がっている、わけないか。

Dscf0679

そして上を見上げれば森の中と見間違えそうな樹木の集まり。

Dscf0664

横を向くとただの街路樹。しかし道路と比べてこれらの樹木の太さは異常だ。通行に差し支えることだろう。

Dscf0662

植物だけが魅力ではない。人工物だって心を打つのだ。コンクリート塀に残された靴の痕跡の美しいこと!

Dscf0661

コンクリート塀には折れ曲がった管が、管の国会での迷走を物語っている。

Dscf0680

迷走しないように行き先案内板が設置されていた。

Dscf0676

石垣に描かれた(?)赤い筋は何か呪術的な印であろうか?

Dscf0665

ギャラリー弥平が近づくと、そこは梟(ふくろう)の道であった。同行したヴァイオリニストは「袋小路」(ふくろゥこうじ)と言って喜んでいた。この一言が同行者一同を寒からしめたのだが、蒸し暑い日だったので容認された。

Dscf0658

コンサートを聴いたら早く帰宅しよう。「こうじ」で作られた液体が待っている・・・。

« 妻の遺した秘密の絵 関谷富貴の世界 | トップページ | 路上観察:宇都宮ではギョーザ様 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/40412884

この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:なんだ坂、菊名の坂:

« 妻の遺した秘密の絵 関谷富貴の世界 | トップページ | 路上観察:宇都宮ではギョーザ様 »

最近のトラックバック