« BBQトラップ、略してBT | トップページ | 絵葉書の世界:日米同時撮影というコラボ »

2011年5月 1日 (日)

父娘による声楽コンサート

「父娘による声楽コンサート」(レスプリ・フランセ:鵠沼)に行った。

テノール歌手が高校の同級生と娘さん、ピアノ伴奏が妻(仮名ジョアンナ)という演奏メンバーだったので私は高密度の「カンケーシャ」であった。そのため演奏、曲順などについての感想は何も書けない。

最も印象が強かったのは娘さんが歌ったベッリーニのアリアだ。彼女の歌声はハイ・ツェー(ハ長調で高いドの音)まで届いていた。

以前私は「鉄腕アトム」の主題歌をアレンジして「♪ソ、ラを超えて、ラララ、シまで出ちゃう・・・」という替え歌を作ったことがあった。私はソプラノの音域のことを知らなかったので、このシの音が出るだけですごいと思っていたのだ。しかし今回の曲はその上のドまで要求する曲だった。

打上げは藤沢の「海(か)ぶね」。演奏者を褒め、苦労をねぎらった一同は、ビールと日本酒で勢いづき、「クラシック音楽とは」など漠としたテーマで熱く語り合った。

« BBQトラップ、略してBT | トップページ | 絵葉書の世界:日米同時撮影というコラボ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/39823399

この記事へのトラックバック一覧です: 父娘による声楽コンサート:

« BBQトラップ、略してBT | トップページ | 絵葉書の世界:日米同時撮影というコラボ »

最近のトラックバック