« 美術アーカイブ:1976年(3)カンディンスキー展 | トップページ | 美術アーカイブ:1976年(5)ルフィーノ・タマヨ展 »

2011年5月23日 (月)

美術アーカイブ:1976年(4)エッシャー展

西武美術館の躍進はまだまだ続く。次はエッシャーだ。

__3 

今でこそエッシャーはメジャーの画家としてその不思議空間が人々に愛されているが、当時はまだよく知られていなかった。この展覧会は、その後のブームに火をつけた価値あるイベントの一つと言えよう。

日本におけるエッシャーの紹介については、神奈川県立近代美術館での「現代オランダ版画展」、「少年マガジン」の表紙などの流れがある。これに関しては、野地秩嘉著「エッシャーに魅せられた男たち」(光文社・智恵の森文庫)に詳しく書かれている。

Photo

またエッシャーの奇妙な世界を空想の街に現出させた物語としては、荒巻義雄著「エッシャー宇宙の殺人」(中公文庫)がある。主人公の男性がモテ過ぎるという欠点(?)が見られるが、エッシャーの版画を具現化したらどうなるか、というテーマに取り組んだ意欲的な小説だと思う。

Photo_2

このようにエッシャーの影響は各方面に拡散していった。

« 美術アーカイブ:1976年(3)カンディンスキー展 | トップページ | 美術アーカイブ:1976年(5)ルフィーノ・タマヨ展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/40103208

この記事へのトラックバック一覧です: 美術アーカイブ:1976年(4)エッシャー展:

« 美術アーカイブ:1976年(3)カンディンスキー展 | トップページ | 美術アーカイブ:1976年(5)ルフィーノ・タマヨ展 »

最近のトラックバック