« 美術アーカイブ:1977年(4)ピラネージ版画展 | トップページ | 美術アーカイブ:1977年(6)その他 »

2011年5月29日 (日)

美術アーカイブ:1977年(5)素朴な画家たち展

「ナイーフ 素朴な画家たち展」(東京国立近代美術館)は、今思うと先駆的な展覧会であった。

__17

この分野で最も著名なのはアンリ・ルソーであろう。もちろん「熱帯(密林の猿たち)」他数点が展示されていた。

__18

ここからが本題。カミーユ・ボンボワというと、この「両腕を上げた裸婦」のようにふくよかな女性ばかり描いていたというイメージが強い。

__19

しかしこの展覧会ではボンボワの「ヴァンセンヌの森」という美しい作品も同時に展示されていた。ボンボワの多様性を知ることができる。

__21 

そして坂崎乙郎が「幻想芸術の世界」(講談社現代新書)で1節を設けて紹介した狂女セラフィーヌの作品を観ることができたのも収穫であった。これは「花とぶどう」。多数並んだ小さな花が目玉のようにこちらを見ているようで怖ろしい。

__22

一方アメリカのグランマ・モーゼスは、日本では最近紹介されたような雰囲気があるが、この展覧会で「枯木」という作品が既にお披露目されていた。

__23

このように、この展覧会は日本において何年も後に脚光を浴びた作家・作品を、先取りしたような形で紹介していたのである。学芸員の方々の先進性に敬意を表したい。

« 美術アーカイブ:1977年(4)ピラネージ版画展 | トップページ | 美術アーカイブ:1977年(6)その他 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/40185379

この記事へのトラックバック一覧です: 美術アーカイブ:1977年(5)素朴な画家たち展:

« 美術アーカイブ:1977年(4)ピラネージ版画展 | トップページ | 美術アーカイブ:1977年(6)その他 »

最近のトラックバック