« フレンチ・ウィンドウ展 | トップページ | ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー »

2011年5月18日 (水)

田口行弘展

2011年5月17日(火)
「田口行弘展」(森美術館 ギャラリー1)を観た。

__5

いやあ面白かった。ビデオ作品では何枚もの木の板が飛び跳ね、まるで生きているかのようだった。制作過程の写真も展示されており、手作りの感触が伝わってきた。

アイデアとしては月並みで素朴だが、愚直にそのアイデアを具現化し、突き進めた先に楽しい結果が待っていたという感じだ。

このような作品を観るのに知識・教養は要らない。ただ観て笑って楽しい時間を過ごせばいいのだ。「ゲンダイアート」でとかく忘れがちになるこの大事なことを、田口行弘は思い出させてくれた。

« フレンチ・ウィンドウ展 | トップページ | ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/40041524

この記事へのトラックバック一覧です: 田口行弘展:

« フレンチ・ウィンドウ展 | トップページ | ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー »

最近のトラックバック