« プロムナード コンサート | トップページ | 音楽アーカイブ:高校2年~「フーガの技法」との出会い »

2011年5月16日 (月)

音楽アーカイブ:高校1年~弦楽合奏と幻の弦楽四重奏団

高校に入学した。クラブ活動をどうするかと考え、まず訪れたのは美術部だった。音楽が好きでピアノとチェロを弾いていたとはいえ、私にとって面白かったのは美術のほうだったから。またもう一つ大事な理由があった。それは同学年のカワイイ女生徒が美術部に入ったからだ。よくある話だと思う。

ところがあこがれの美術部の部室に行ったら、飾ってある部員の作品があまりにも見事なで尻込みし、逃げ帰ってしまった。その時じっとこらえて入部したら、私の趣味や恋愛・結婚などが異なる筋道に沿っていったかもしれない。それは誰にもわからない。

というわけで、結局高校でも音楽のクラブに入った。音楽といっても合唱、ブラスバンド、弦楽合奏などのクラブに分かれている。中学でチェロを始めた私は、自然な流れとして弦楽合奏のクラブに入部した。入部当時はヴィヴァルディの合奏協奏曲とかバッハのヴァイオリン協奏曲などを演奏していた。

そんなある日、クラブの3年・2年の先輩3人から声をかけられ、学年を超えて「TISS弦楽四重奏団」を結成した。TISSというのは4人の頭文字をつないだものである。中学でベートーヴェンの弦楽四重奏曲にあこがれた私は夢のような気持だった。

しかしこのTISS弦楽四重奏団は、結局公式の場では1回も演奏せずに消滅した。それどころか、TISSのメンバーが集まって弾いたのは部室で1度練習をしただけだったのだ!その後、弦楽四重奏を弾いたことがあったが、メンバーを固定してコンサート形式で演奏までするようになったのは「半世紀弦楽四重奏団」結成を待たねばならなかった。

« プロムナード コンサート | トップページ | 音楽アーカイブ:高校2年~「フーガの技法」との出会い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/40014723

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽アーカイブ:高校1年~弦楽合奏と幻の弦楽四重奏団:

« プロムナード コンサート | トップページ | 音楽アーカイブ:高校2年~「フーガの技法」との出会い »

最近のトラックバック