« 美術アーカイブ:1969年 | トップページ | 美術アーカイブ:1972年 »

2011年4月12日 (火)

美術アーカイブ:1970年~71年

1970年から翌年にかけて行った展覧会は次の2つにとどまっている:
♪ゴヤ、グレコ、ベラスケスを中心とするスペイン美術展(東京国立博物館)
♪エドワルド・ムンク展(神奈川県立近代美術館)

この時期、私は音楽へ傾倒していたので美術のほうは後回しになっていた感がある。2つの展覧会も好んで行ったというよりは、有名な画家の展覧会だから行こうという付和雷同的な行動だったと思う。

1970年のドラクロア展も同じだが、この時代の主要な展覧会は国立博物館で開催されることが多かったようだ。そういえば国立西洋美術館は1959年に開館したが、その新館は1979年にやっと開館している。それまでは国立博物館が最も優れた展示環境だったのであろうか。そのあたりの事情はよくわからない。

そして1972年には展覧会に足を運んだ回数が一気に2桁に増える。アートに目覚めた年と言えよう。それについては別の記事で。

« 美術アーカイブ:1969年 | トップページ | 美術アーカイブ:1972年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/39588981

この記事へのトラックバック一覧です: 美術アーカイブ:1970年~71年:

« 美術アーカイブ:1969年 | トップページ | 美術アーカイブ:1972年 »

最近のトラックバック