« 音楽アーカイブ:幼稚園 | トップページ | 音楽アーカイブ:小学校低学年(2)作曲事始? »

2011年4月26日 (火)

音楽アーカイブ:小学校低学年(1)ピアノ

小学校低学年の頃、我が家にピアノが置かれた。アップライトでブランド名は「ホルゲル」。後にこのブランドが非常に貴重だという事を知った。

それは私が府中に住んでいた頃の話だ。大好きな作曲家、三善晃の講演会が府中で行われるというので聴きに行った。そして講演の中で三善晃が幼少の頃、我が家と同じ「ホルゲル」のピアノを使っていたと話していたのだ。そうか、私は子供時代に三善晃と同じピアノ体験をしたのか、と思うと作曲への情熱が高まってきた。

時を私の小学校時代に戻す。その頃私のピアノの先生は幼稚園の先生から近所のピアノ教師に代わっていた。おきまりのツェルニー、ブルクミューラー、ソナチネアルバムという按配でゆっくりレッスンは進んでいった。両親は私を音楽の専門家に育てるつもりは無かったので、スローペースでも別に何とも思わなかったようだ。

その後ピアノの技術は多少は向上していったが、結局現在はその頃のレベルに逆戻りしている。「世界一ブルクミューラーが似合う男」に収斂(しゅうれん)した感がある。

なお長年お世話になった「ホルゲル」は最近、経年劣化でまともな音が出なくなった。すると辣腕のチェンバロ製作者・玉利要二氏が引き取ってくれた。三本弦をウナコルダ(一本の弦)に張替え、チェレスタのような音がでる特殊な楽器として甦らせるというのが玉利氏の構想だ。しかし私が発注したわけではないから、いつできるかわからない。もしかすると永遠に構想で終るかもしれないが、その場合は後継者にバトンタッチされることを祈る。

« 音楽アーカイブ:幼稚園 | トップページ | 音楽アーカイブ:小学校低学年(2)作曲事始? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/39766051

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽アーカイブ:小学校低学年(1)ピアノ:

« 音楽アーカイブ:幼稚園 | トップページ | 音楽アーカイブ:小学校低学年(2)作曲事始? »

最近のトラックバック