« 音楽アーカイブ:小学校低学年(1)ピアノ | トップページ | 小渕陽童展 »

2011年4月27日 (水)

音楽アーカイブ:小学校低学年(2)作曲事始?

小学校低学年の頃、ピアノを得た私は簡単な歌を作詞作曲した。曲名は「小鳥」。冒頭の言葉は「かわいい小鳥 鳴いている」。うーむ、誰でもすぐ思いつきそうな詩というか文言だな。そしてメロディーが、♪ソソミファソラソ、ファミレレド。

何年か前、これを私の子供達に聴かせたら、「ダッセー!」と言われた。確かに。これがダサいとわかるのなら、子供達には音楽の才能があるのかもしれない(苦笑)。

当時はそんな事は関係ない。母親は「ジョヴァンニが作曲した」と大喜びで、私を連れて担任の先生の自宅へ押しかけた。母は本気で私がすごいものを作ったと思って自慢しに行ったのだろうか?それとも私を励ますための高等戦術だったのだろうか?今となっては全くわからない。

さて担任の先生は快く私たち母子を迎えてくれ、ピアノに向かって私の作った単旋律に即興で和音の伴奏を付けて弾いて下さった。そして、(これは間違えなく私を励ます目的で)「すごいのを作ったね」と褒めてくれた。

ところが私の気持は複雑であった。今でこそ旋律に即興で和音の伴奏を付けるなど簡単なことだが、当時はそれがとても高度な技術に見えたのだ。そして担任の先生がすごいと思った。それに比べて自分はほとんど何もできないではないか、という劣等感が芽生えた。そういう意味では、先生と母が私を鼓舞しようと行ったことは逆効果になったかもしれない。

そのためであろうか、その後私の作曲はしばらく途絶え、中学になるまで何も作れずに時が流れたのだ。(当時私は音楽も嫌いではなかったが、どちらかというと美術のほうに関心が高く、将来はインテリアデザイナーになりたいという希望を抱いていた。)

« 音楽アーカイブ:小学校低学年(1)ピアノ | トップページ | 小渕陽童展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/39778663

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽アーカイブ:小学校低学年(2)作曲事始?:

« 音楽アーカイブ:小学校低学年(1)ピアノ | トップページ | 小渕陽童展 »

最近のトラックバック