« 彫刻家エル・アナツイのアフリカ | トップページ | グランヴィル展 »

2011年3月31日 (木)

哲学者が捜し当てた不老のパワースポット?

愛犬「哲学者」の散歩コースの途中にある定点観測地点―そこにはかつて愛犬の「竹馬の友」ならぬ「木馬の友」が2体いた。これは3年前のその頃撮った写真だ。

Dscf1114

それから1年後、「木馬の友」のうち1体が重症を負い治療を受けた。

Dscf3904

そして傷が悪化し、とうとう昇天してしまった。がっくり頭を垂れる哲学者。

Dscf4017

そして現在、残った1体も寿命を終え、哲学者だけが一人淋しく残された。もう学問を語り合える仲間はいない。ジョヴァンニは音楽の話はわかるが、哲学音痴なので相手にしてくれない。

Dscf0093

この一連の定点観測写真をあらためてよく見ると、哲学者はその期間、全く歳をとってないことに気が付いた。これは何ゆえの現象であろうか。この地点が最近話題沸騰の「パワースポット」なのであろうか?

« 彫刻家エル・アナツイのアフリカ | トップページ | グランヴィル展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/39440189

この記事へのトラックバック一覧です: 哲学者が捜し当てた不老のパワースポット?:

« 彫刻家エル・アナツイのアフリカ | トップページ | グランヴィル展 »

最近のトラックバック