« 中止でも中止しない不屈のイベント | トップページ | 実施にこぎつけたのに、結果的に中止となったコンサート »

2011年3月21日 (月)

中止するかもしれなかったが、やはり実施することにしたコンサート

来週末3月27日(日)の昼下がり、東京都内の某所で「内輪コンサート」を予定している。地震、計画停電、交通混乱、放射能などの逆風が吹き荒れている中、演奏者仲間からは中止すべきという声も多く出ていた。

しかし世の中では「あしおとがきこえる?おどるなつこ」など、イベントが中止されても急遽別のイベントを立ち上げて実施するなどの「元気」がまだ残っている。私たちも負けてはいられない。そこで、数々の制約がありながらイベントを実施することにした。これから1週間の様子をみて、出演できないメンバーも出る可能性は否めないが、仕方がない。

ただこのコンサートは主催者というか世話役の仲間が「内輪」というトーンを打ち出している関係上、演奏者以外はごく近しい人達だけ来場して戴くことになった。そのため、ここでは時間・会場などの具体的なPRは差し控えておくことにした。

会場のステンドグラス。これだけ見てどこだかわかる方は相当なマニアです。

Dscf9885

プログラム後半では、相方と共にチェロとピアノで即興演奏を行う予定だ。「世界一バイエルとブルクミューラーが似合う男」の私が弾くピアノなど真顔で聴ける人はいないだろうなあ。また即興に関しては、ピアニストKYOUさんのような巨匠を知ってしまった立場で何が出来るのかと言われそうだ。でもまあ内輪コンサートなので許して戴きたい。

ジョヴァンニの下手な即興演奏を聴いて優越感を持ちたいという方がおられたら、メール下さい。私のメルアドを知っておられる方々なら仲間も「内輪」と認定してくれるでしょう。来場者を制限するなど「なんと傲慢な」という感じですが、そういう意図ではなく「内輪」制限のためですので、どうかご容赦ください。

« 中止でも中止しない不屈のイベント | トップページ | 実施にこぎつけたのに、結果的に中止となったコンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/39308337

この記事へのトラックバック一覧です: 中止するかもしれなかったが、やはり実施することにしたコンサート:

« 中止でも中止しない不屈のイベント | トップページ | 実施にこぎつけたのに、結果的に中止となったコンサート »

最近のトラックバック