« 中止するかもしれなかったが、やはり実施することにしたコンサート | トップページ | 絵葉書の世界:赤いヴァイオリン »

2011年3月23日 (水)

実施にこぎつけたのに、結果的に中止となったコンサート

今週末、東京都内の某所で予定していたコンサートが二転三転して、結局中止となった。

せっかく地震の呪縛から逃れて実施のメドがたったのに中止となった理由は、冠婚葬祭の関係でコンサートに優先することが起きたからだ。先日相方と即興ユニット「トマソンズ」を結成し、永山での最初のコンサートが中止となった。そこで今度こそデビューするぞと思っていた矢先のことなので、誠に残念だが仕方がない。

今後震災への対応が進んだ段階で、ぜひ「トマソンズ」のお披露目をしたいと思う。相方と私がそれぞれ描いたイラストを並べてユニットの「イコン」まで用意していたので、それも機会をみて披露したいと思う。乞うご期待。

« 中止するかもしれなかったが、やはり実施することにしたコンサート | トップページ | 絵葉書の世界:赤いヴァイオリン »

コメント

その日をおまちしておりますぞよ!師匠!

地震・津波の猛威がありましたが、Hiroki Tee さんはどうやらお元気の様子で何よりです。

いまはじっと我慢の時ですね。不便なことも多いですが、欲張らず、まずは健康維持に努めることにいたしませう。

今回の震災の体験で、私たちの即興はより深い、自由を表現するものになることでしょう。

テツさん、今回は中止残念でしたね。隠していたわけではないのですが、これで読む人が読めば「トマソンズ」ユニットのメンバー構成が判明してしまいましたね(笑)。そのうち「イコン」を発表します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/39337439

この記事へのトラックバック一覧です: 実施にこぎつけたのに、結果的に中止となったコンサート:

« 中止するかもしれなかったが、やはり実施することにしたコンサート | トップページ | 絵葉書の世界:赤いヴァイオリン »

最近のトラックバック