« 佐藤和彦 作陶展 | トップページ | 三代徳田八十吉展 »

2011年1月23日 (日)

日本洋楽の旅 そのⅢ

2011年1月23日(日)
平塚音楽家協会 第28回定期演奏会「日本洋楽の旅 そのⅢ 継承期の作曲家 橋本国彦 箕作秋吉 平井康三郎」(平塚市中央公民館 大ホール)に行った。

Photo_2 

妻(仮名ジョアンナ)ほか知り合いが出演したので例によって何も書けない。収穫としては、これまで知らなかった橋本国彦という作曲家とその作品について理解が深まったことだ。明治37年生まれにしては、モダンな面を持つ作曲家だという事がわかった。

この「日本洋楽の旅」は良い企画だと思う。時代に沿って作曲家を取り上げ、その作曲家の作品を集中的に演奏してくれるので個々の作曲家に対する理解が深まり、日本の作曲技術の推移を追うことができるからだ。次の企画(「転換期の作曲家」という説明だったかな?)が楽しみだ。

« 佐藤和彦 作陶展 | トップページ | 三代徳田八十吉展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/38580746

この記事へのトラックバック一覧です: 日本洋楽の旅 そのⅢ:

« 佐藤和彦 作陶展 | トップページ | 三代徳田八十吉展 »

最近のトラックバック