« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

小さなおさらい会

2011年1月30日(日)
「小さなおさらい会」(旧横浜ゴム平塚製造所記念館:通称『八幡山の洋館』)にピアノとチェロで出演した。

Photo

妻(ピアノ、仮名ジョアンナ)と妻のいとこ(ヴァイオリン)のお弟子さんたちの発表会に、生徒というかゲストというか、よくわからない立場で参加したのだ。演奏した曲は、ピアノはラモー作曲「めんどり」、チェロはロンベルグ作曲チェロソナタ ホ短調。

Dscf9473

♪ラモーの「めんどり」は譜面が簡素で、実際弾くのもさほど難しくないので選んだ。最近ピアノが加速度的に弾けなくなってきている。本当はクープランの曲を弾きたかったのだが、昔は楽々弾けた曲でも指が回らない。日頃の練習を怠っているのがバレバレだ。

上品にまとまったクープランに比べると、ラモーは少々荒っぽくて個性が強い。絵画に例えると、クープランが上村松篁でラモーが伊藤若冲っていう感じかな。ちょっと誇張しすぎたかもしれないが。

Dscf9477

♪ロンベルグのチェロソナタ ホ短調は初心者でも弾きやすく、しかし演奏効果が上がるように工夫されて作られた曲で「アマチュア応援」の有り難い作品だ。

ロンベルグはチェリスト兼作曲家なので技巧的な難しい曲も残しているが、逆にこのように易しい曲もある。楽器のことを良く知っているから、下手な人でも弾きやすいように作ることが出来たのだろう。貴重な存在だ。

Dscf9430

なお今回会場として使用した旧横浜ゴム平塚製造所記念館:通称『八幡山の洋館』は推定1912年(明治45年)竣工で、国の登録有形文化財(建造物)に登録されている由緒ある建物だ。

2011年1月29日 (土)

三代徳田八十吉展

2011年1月28日(金)
「追悼 人間国宝 三代徳田八十吉展 ~煌く色彩の世界~」(そごう美術館:横浜)に行った。

Photo

前提となる知識を何も持たずに鑑賞したのだが、作品の美しさと迫力に圧倒された。古九谷、初代、二代の作品も併せて展示されていたので、三代に至る一連の流れを感じ取ることができた。

Photo_2

作品の説明文のなかに「自分は八木一夫のような構成力がない」と書いてあった。仮にそれが本当だとしても、素晴らしい作品の数々の前ではそんな事はどうでも良くなってしまう。色彩や紋様の形などを追求していった結果、構成感を補って余りあるものを創生したということになるだろうか。

傑作揃いの作品にはとうてい序列をつけることができないが、燿彩鉢「ロンド」が音楽のテーマを取り上げた作品なので、そういう理由で愛着を持った。

2011年1月23日 (日)

日本洋楽の旅 そのⅢ

2011年1月23日(日)
平塚音楽家協会 第28回定期演奏会「日本洋楽の旅 そのⅢ 継承期の作曲家 橋本国彦 箕作秋吉 平井康三郎」(平塚市中央公民館 大ホール)に行った。

Photo_2 

妻(仮名ジョアンナ)ほか知り合いが出演したので例によって何も書けない。収穫としては、これまで知らなかった橋本国彦という作曲家とその作品について理解が深まったことだ。明治37年生まれにしては、モダンな面を持つ作曲家だという事がわかった。

この「日本洋楽の旅」は良い企画だと思う。時代に沿って作曲家を取り上げ、その作曲家の作品を集中的に演奏してくれるので個々の作曲家に対する理解が深まり、日本の作曲技術の推移を追うことができるからだ。次の企画(「転換期の作曲家」という説明だったかな?)が楽しみだ。

2011年1月21日 (金)

佐藤和彦 作陶展

2011年1月21日(金)
「佐藤和彦 作陶展」(クラフトショップ俊:茅ヶ崎)に行った。

_

佐藤和彦の作品は大きくて値段も高いものが多い。そのため、これまで作品には手が届かなかった。今回は日用で使える鍋、グラタン皿などの食器類を廉価でサービスするような展示即売会だったので、ようやく私でも買えるものにめぐりあった。

購入したのは「ココット」。青い色が素敵だ。サラリーマン応援の価格設定ありがとうございました。

Dscf9424

2011年1月17日 (月)

新入社員に贈る一冊

2011年1月17日(月)
「新入社員に贈る一冊」(日本経団連出版編)を読んだ。私は新入社員ではないが、こういう本は誰が読んでもそれなりに得るところがあると思った。そして結果はその通りだった。

_

購読の動機は、ひいきの科学ジャーナリスト・瀧澤美奈子が寄稿していると聞いたからだ。手に取って真っ先にそのページを開く。すると「どうすればいいリーダーになれるのか」という要約がなされている。なあんだ私には関係ないな(失礼!)と思ったのだが、念のために読み進んだら日常的コミュニケーションの改善という卑近な内容が含まれていた。なるほど、これなら組織の末端にいる私にも大いに参考になるな、と安心した。

目次に戻って、そもそもこの本で紹介されている書籍(50作品)中、読んだことがある本はいくつあるかと数えてみた。(1つの作品が分冊になっている場合があるので、冊数にすると50より多くなる。)すると、悲しいかなたったの2作品だった。それは柳瀬尚紀が紹介した河口俊彦著「一局の将棋一回の人生」と、外山滋比古が紹介した「寺田寅彦全集」だ。

私はジョヴァンニ・スキアリ(序盤に隙あり)なので将棋が好きだから河口俊彦の本を読んでいた。また大学は理科系で、寺田寅彦はずっと好みだった。

一方、部分的に読みかじった記憶がある本もある。本間千枝子が紹介した「ヘミングウェイ短編集」と、マーク・ピーターセンが紹介した谷崎潤一郎著「細雪」だ。この結果をみる限り、私は小説を最後まで読み通すことが出来ない性格らしい。どんなに面白い小説でも途中で飽きてしまうのだ。

話を戻すと、この本は寄稿者がそれぞれ1作品づつ書籍を紹介する形式なので、内容的には「間接的」である。つまり紹介された本を読まない限り、その構想は成就しないのだ。しかし、この本だけ読んでも充分得るところが多い。その内容については、実際にこの本を求めて読んで戴きたいので具体的には書かない。本の売れ行きを邪魔しては悪いし(笑)。

私のような「旧入社員」でも参考になるのだから、新入社員にとっては非常に価値の高い本だと思う。今回は本の宣伝をしてしまった。経団連から謝礼がこないかな?(笑)。

2011年1月16日 (日)

風物詩:鵠沼

2011年1月16日(日)
愛犬(哲学者)の散歩中に出会った風景たち。
(一部違う季節をモンタージュ)

Dscf9422_2

Dscf9420_2 

Dscf9421_2

Dscf9423_2

Dscf9419_2

Dscf5336

Dscf3513

Dscf2382

Dscf9418_2

2011年1月15日 (土)

風物詩:人形町

2011年1月15日(土)
人形町では下を向いて歩こう。

Dscf9408

Dscf9406

Dscf9410

Dscf9413

Dscf9409

Dscf9412

Dscf9414

依藤奈奈展

2011年1月14日(金)
「依藤奈奈(よりふじ なな)展」(HAP SPACE:銀座まつおか矯正歯科内)に行った。

_

水平に引かれた多数の平行線で構成された抽象画が中心で、観ていて気持が良かった。線と線の間の距離が微妙に変化してゆき、それが一種のリズムを知覚させる。また上の案内葉書に採用された「暁光」のように遠近感も感じさせ、作品に奥行を与えている。

過去の作品の写真がファイルされていたので追ってみた。中では植物の茎の断面を大きく描いた作品が印象に残った。一連の作品群を観ていると、依藤奈奈は構成感の強い具象画を描いているうちに純粋抽象に向かったような感じがする。(実際と違ったらご容赦を!)

この先、作風が変化した場合でも強い構成感はぜひ保持してもらいたい。今後の活躍が楽しみな画家だ。

2011年1月14日 (金)

New Year Concert 2011 ともよあずさ

2011年1月13日(木)
「New Year Concert 2011 ともよあずさ」(横浜みなとみらいホール 小ホール)に行った。堀部ともよ(ピアノ)と中村 梓(マリンバ)による女性二人のユニットで、毎年楽しみにしているコンサートだ。

Photo

事前にチラシを見た段階で期待することが2つあった。その一つは一柳 慧(いちやなぎ とし)作曲 マリンバとピアノのための「パガニーニパーソナル」、もう一つはフランク作曲「前奏曲、コラールとフーガ」だ。

♪一柳 慧は1933年生まれで、三善晃と同年、武満徹の3つ年下だ。彼等は私たちが親しんだ1970年代の「現代音楽」をリードする作曲家たちだ。今回演奏された曲は、マリンバがパガニーニの主題を奏している間、ピアノはその音にまとわり付くように和音を添えるなど独特の響きを作っていてなかなか面白い曲だった。余談だが、一柳 慧は一時期あのオノ・ヨーコと結婚していたのだ!

♪セザール・フランクは私が最も敬愛する作曲家のうちの一人だ。そして今回演奏された「前奏曲、コラールとフーガ」はフランクの曲のみならず、古今東西のあらゆるピアノ独奏曲の中で最も好きな曲の一つだ。それだけに期待感が大きかったが、堀部ともよは見事な演奏で期待に応えてくれたので嬉しかった。

♪ジョセフ・シュワントナーについては何も知らなかった。今回演奏された「ヴェロシティーズ」は細部を一つ一つ拾い上げれば、七、九の和音等が分散和音の形で連なっているだけである。しかしその配列に工夫のあとがあり、不思議と飽きがこない曲に仕上がっていた。
バルトークも「現代でもハ長調で音楽が書ける」と言ったように、無調だけが現代音楽ではない。この曲は、既存の技法でも上手に使えば現代の聴き手にもアピールするものができることを示したと言える。現代の音楽における作曲技法上の「閉塞感」を打破するには、こういう形を採るのも一法だろう。
ところどころで聴こえたフラジオレットは実に効果的に響いていた。中村梓の緩急自在の演奏が光った曲であった。

今回は、一柳やシュワントナーの作品を取り上げるなど意欲的なプログラムだったと思う。演奏者の二人に拍手を送りたい。

2011年1月10日 (月)

風物詩:目黒の秋・冬

目黒区美術館付近の秋・冬モンタージュ風物詩。

Dscf8950

Dscf8949

Dscf8956

Dscf5592

Dscf9388

Dscf9386

Dscf8963

Dscf5602

Dscf5595

Dscf8964

Dscf5599

Dscf5597   

Dscf8959

2011年1月 9日 (日)

鉄を叩く  多和圭三展

2011年1月9日(日)
「鉄を叩く  多和圭三展」(目黒区美術館)に行った。最終日だった。

Photo

石の彫刻家、K.I.さん・K.S.さんのお二人と一緒で、折にふれ専門的なことを説明してもらった。つまり石の彫刻家の解説付きで鉄の彫刻作品を鑑賞したわけだ。何という贅沢なことであろうか。

素人目には、2階の小さめの展示室にあった「景色~伝承~」が印象深かった。入口を入ると手前には長方形で低いフェンスのような作品、奥には叩きによる装飾が施された台形状の作品が置かれて一対をなしていた。その装飾の美しいこと!そしてこの展示室全体が宗教の儀式を執り行う神聖なる場所のような雰囲気に包まれていた。

VTRで制作過程が紹介され、2階の広い展示室に置かれていた「ハッチング」も全体が花弁の集積のような装飾で囲まれて美しい作品だった。丸いハンマーで叩き続けるだけで、このような花びら状の紋様が浮かび上がるのだから不思議だ。

同じ展示室には大小4つの作品が1直線上に並べられていた。K.I.さんによると、多和圭三の作品は「もの派」の流れをくんでいるという。しかし「もの派」が作品を即物的に扱って物語性を排除したのに対し、多和圭三の場合は複数作品の配置の仕方に物語性が感じられるところが純粋の「もの派」と異なる点だという指摘もあった。

私としては、物語性は無くて構わないが、構成感を感じ取りたいという気持がいつも働いてしまう。そういう意味では、この4点組の作品には好感が持てた。

1階の展示室で観た「景色」という平面作品は、マーク・ロスコの作品によく似ていた。また2階には柱状の作品が4本並んでいた。これをある角度から見ると4つが重なって1本に見える。昔京浜工業地帯にあった「お化け煙突」のようなたたずまいだ。

ここしばらく石の彫刻に接する機会が多かったが、今回の展覧会で鉄も捨てたもんじゃないなと再認識した。声をかけてくださったK.I.さん、ありがとうございました。

2011年1月 8日 (土)

Domani・明日展

2011年1月8日(金)
「Domani・明日展」(国立新美術館)に行った。毎年楽しみにしている展覧会だ。

Domani_3

♪古郷秀一
古郷の立体作品は今回の展覧会で最も好感が持てた。最近私の趣味が平面より立体に傾斜しているという事も理由の一つだが、それだけではない。例えばチラシの裏面に採用された「木の回廊 Ⅷ」を観てみよう。

__2

この作品は一つ一つ丹念に切れ込みを入れた木材のパーツを積み上げて作った数本のタワーで構成されている。各パーツは一つ一つ微妙に形と大きさが異なり、上面と下面は必ずしも平らではなく若干角度が付いているものが多い。従ってそれらを積み上げて形成されたタワーは(大げさにいうと)左右に振れながらなんとか垂直を保っているような感じだ。

一見、人工的・幾何学的に思える構成物が、そのディテールにおいては自然的・非幾何学的である。この相反する要素を併せ持つ作品というと大好きなブランクーシの彫刻を想いだすが、まさにそのような深さを備えた作品なのだ。

「限定と無限定」のシリーズからは、さらに強い印象を受けた。細くて短い多数の棒状のパーツがX状に斜めに組み合わさり、向こう側が見える半透明的な壁を形成している。これらのパーツが密集すると透過度が低く、色が濃く感じられる。閑散としていると、その逆に透過度が高まり、色が薄くなる。この「見えにくい・濃い」から「見えやすい・薄い」に向かって認められるグラデュエーションが、このシリーズの魅力の一つである。

また多数のパーツの集合体はほぼ直方体を形作っているが、その直方体の各面に相当する部分は平らになっている。まるで多きな鋏で切り取ったようだ。これは庭師による植木の剪定に類似している。そうやって眺めると、無機質のパーツが植物みたいに見えてくる。このような感覚は面白い。

♪流麻二果(ながれ まにか)
この作家の作品は2006年の「POLA新鋭展」、2008年の「選抜奨励展」で観ているので今回は3回目だ。ほぼ2年毎に観ていることになる。購入した絵葉書に採用された「静音」は、なかなかの作品だ。

__3

流麻二果の作品は一見「熱い抽象」に見えるが、よく見ると人体の一部だったりするものが多い。頭が抽象→具象というシフトをすると、一種の眩暈(めまい)のような感覚が襲ってくる。

これらの作品は描き方が似ているので、そのうち「この作品には人体が描かれているか、いないか、どちらだろう?」と探すように見始めてしまう。ちなみに上記の「静音」はいくら見ても人体を見出せないので、完全な抽象作品だと思う。

また多数のデッサンを貼り合わせて構成した「165人+」と、多数の水引を結び合わせて構成した「縁引」(ゆかりひき)も印象深かった。

Domani_4

♪近藤高弘
「T.K-Self-portrait」は様々な装飾を施したライフマスク(風)の顔がボーリングのピンのように三角形状に並べられている。一番手前は1つ、次は2つ、その次は3つというように。ところがこの配列が途中で乱れるのだ。結果的に「1,2,3,5,6,6」という配列がなされていた。そのため、ある種の「ゆらぎ」が生じていたように思った。

♪近藤聡乃
「てんとう虫のおとむらい」というアニメ作品は見かけの可愛いらしさの裏に潜むグロテスクさが心に突き刺さった。美と恐怖が表裏一体となった作品はいつまでも頭から離れない。ジョイス・キャロル・オーツのホラー小説「コントラカールの廃墟」について、この作品を収録したアンソロジーの編者が述べた言葉を想いだした:
「美しい雰囲気の中に詩的な陰影が色濃く漂う、感動的かつ恐ろしい物語である・・・(中略)・・・この作品はわたしに取り憑き、今なお離れてはくれない。」

たまたま私の好みにかなったか、あるいは印象が強かったアーティストについて感想を書いたが、他の出展アーティストと作品も力作揃いだった。

2011年1月 2日 (日)

新年の風物詩

新年おめでとうございます。

以下の図像は静岡県某所での新年のシンボル達(一部、路上観察の対象物が混在)。

Dscf9369

Dscf9370

Dscf9362

Dscf9372

Dscf9363

Dscf9371

Dscf9364

Dscf9359

Dscf9365

Dscf9368

Dscf9366

Dscf9374_2
「電柱の誕生」

Dscf9367

Dscf9375
「焼却炉の隣に消火器」

Dscf9377

今年もよろしくお願いいたします。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

最近のトラックバック