« 鋸山:三大奇観 | トップページ | 鋸山:路上観察 »

2010年12月 4日 (土)

鋸山:石の刻道

2010年11月28日(日)
金谷港から鋸山登山道に向かう路上には「石の刻道」と総称される房州石で作られた彫刻が点々と置かれている。これはその起点となる作品で「種」と名付けられている。

Dscf9001

これらは「房州石を使って町の歴史や学生たちの思いを伝える石のオブジェを24体作り町の中を回遊できるようにしよう」という趣旨のもとに発足した「さぁ行こうプロジェクト」という活動により生まれた作品だ。制作したのは北海道出身のアート専攻学生・及川千春と郡司和美の2人だ。

Dscf9191

現在その数は32体に増えているらしいが、今回は鋸山ハイキングが主たる目的だったので全部を観ることは出来なかった。次回来たときは全部制覇したい。

種から出来るのは実。それを味見すると「あじ実」という作品が生まれる。

Dscf9023

栄養のバランスのためにはたんぱく質も採らなければ。そこで「魚」。どうって事ないじゃないか、と思うなかれ。この作品は魚屋さんの前に置かれているのだ。普通の作品とインスタレーションの中間的な作品だ。

Dscf9019

そのノリでガソリンスタンド脇に置かれたのが「タイヤじゃないよ」。よし、その調子。

Dscf9192

影が出来るのは太陽があるから。日差しは「あっ太かい陽」。言葉の遊びが心地よいリズムを奏でている。ハイク仲間を待たせてはいけないので、あわてて撮ったら自分の影が邪魔になってしまった。

Dscf9015

空が私に気を遣い、影が出来ないようにと「雲」を出した。

Dscf9006

石で雲の感触を出すのは難しいだろうなあ。しかし房州石ってどんな感触なんだろう?それを知りたければ「たっちみー」と呼びかけているこの作品に触るとよいかも。

Dscf9010

触ったら情が移って「想い」が深まる。

Dscf9188

そして愛が芽生え、「ふたりかい」の関係に発展する。

Dscf9017

結婚して住むのは「家」。

Dscf9004

そして二人で「明日を創る」。いいねえ。

Dscf9008

かくして「かつての少年少女探検隊」(略称KST)は神様の住む山「カミヤマ」を目指すのであった。

Dscf9020

« 鋸山:三大奇観 | トップページ | 鋸山:路上観察 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/37953471

この記事へのトラックバック一覧です: 鋸山:石の刻道:

« 鋸山:三大奇観 | トップページ | 鋸山:路上観察 »

最近のトラックバック