« 第14回 アラベスク コンサート | トップページ | 盲導犬チャリティー・コンサート »

2010年12月 8日 (水)

成城さくらさくギャラリー開廊一周年記念 秀作展

2010年12月7日(火)
「開廊一周年記念 秀作展」(成城さくらさくギャラリー)に行った。

_

まずはギャラリーの外に設置された岩崎幸之助の「太陰暦」に一礼。これは同ギャラリーを訪れた時の一種の儀式だ。

Dscf7653

チラシの上部に使われたヴラマンクについて、もし「好きか」と聞かれたら「いやあ、あまり好きではないんだが、畏怖する」と答えるだろう。このような厚塗りで荒々しいタッチの絵画は本来好まないのだが、それを上回る迫力をヴラマンクの作品は有している。

同じくチラシの中ほどに使われた竹内浩一の「蝶とはねる」は穏やかな表情をしている。画廊店主の青山氏によると、一般的に描かれた猿は怖い顔になることが多いのだそうだ。それが竹内浩一にかかると、柔和なおとなしい顔になっていると説明してくれた。なるほど、そういう意味で個性ある画家だと知った。

この画廊に来ると、毎回美術に関する造詣が深まってゆく感じがする。課外授業を受けているようなものだ。いつもありがとうございます。

« 第14回 アラベスク コンサート | トップページ | 盲導犬チャリティー・コンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/38006249

この記事へのトラックバック一覧です: 成城さくらさくギャラリー開廊一周年記念 秀作展:

« 第14回 アラベスク コンサート | トップページ | 盲導犬チャリティー・コンサート »

最近のトラックバック