« 第42回 日展 | トップページ | くるみeeさんのコンサート »

2010年11月 7日 (日)

北原照久の 超驚愕現代アート展

2010年11月7日(日)
「北原照久の 超驚愕現代アート展」(森アーツセンターギャラリー)に行った。

Photo

展覧会チラシの副題として「もうひとつの北原コレクション」と書いてある。北原といえばブリキのおもちゃで有名だ。私は古本屋で「ブリキおもちゃ博物館」(集英社文庫)を購入して持っていた。

Photo_3 

今回の展覧会で最も印象深かったのは「新宿ゴールデン街」など♪山本高樹の制作した街のミニチュアだ。小さくまとめられた街の模型がとても精巧に出来ており、開いた窓から家の中で寝ている赤ん坊まで作りこまれている。また住居の壁には横尾忠則のポスターまで貼られている!これはまさにノスタルジアの小宇宙だ。

その♪横尾忠則のポスターはかなりの数が展示されていたので楽しかった。まるで山本高樹の作品とコラボレーションしているようだった。

また同じミニチュアでは♪掘哲郎のミニチュア・ハウスもなかなか味があった。特に開拓時代のアメリカの家屋は貧しいなかにもアートする意欲というものが塗りこめられているようで、作者の愛情深さを感じた。

またムットーニこと♪武藤政彦のキネストスコープ・オートマタ(自動からくり箱)も妖しい美しさで満ちている。ただし作品を実際に動かさず展示だけだった。今回は北原コレクションの全貌を俯瞰するという趣旨なので、個々のコーナーの充実度に多少難があったが、まあ仕方がないか。昨年の夏、八王子市夢美術館でムットーニの作品が動くところを観た感動は未だに消えていない。

Photo_4

また、♪加山雄三、♪石坂浩二という有名俳優の作品が展示されていたので、面白い話題を持ち帰ることができた。

全体的に面白い展覧会だった。展覧会はこうでなくちゃ・・・。

« 第42回 日展 | トップページ | くるみeeさんのコンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/37571843

この記事へのトラックバック一覧です: 北原照久の 超驚愕現代アート展:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/11/08 09:12) [ケノーベル エージェント]
八王子市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 第42回 日展 | トップページ | くるみeeさんのコンサート »

最近のトラックバック