« 岩崎幸之助 彫刻展 | トップページ | 熊坂兌子展 »

2010年11月23日 (火)

平本公男展 森の幻想

2010年11月21日(日)
「平本公男展 森の幻想 -素描・油彩-」(湘南画廊)に行った。

Photo

このところ平面・立体ともに抽象作品ばかり追いかけているので、具象作品を観ると非常に新鮮に感じる。そして樹木の葉に反射した光など、具象絵画で表現された魅力をあらためて感じ取ることになる。そのような出会いは、抽象寄りに振れすぎた私の趣味の振り子を多少なりとも具象側に引き戻す作用があるらしい。

ところで、案内葉書に採用された裸婦像「想い」の実物を観て不思議な印象を受けた。このモデルは体の輪郭からして少女であろう。しかし、かすかに振り返ったその横顔を観るとその表情には、わずかではあるが妖艶さが表出されている。このギャップは何だろうか?それが平本公男の人物画の魅力を解き明かす鍵となるかもしれない。

« 岩崎幸之助 彫刻展 | トップページ | 熊坂兌子展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/37807271

この記事へのトラックバック一覧です: 平本公男展 森の幻想:

« 岩崎幸之助 彫刻展 | トップページ | 熊坂兌子展 »

最近のトラックバック