« 平本公男展 森の幻想 | トップページ | 草花に想いをよせて展 »

2010年11月23日 (火)

熊坂兌子展

2010年11月23日(火)
「熊坂兌子展」(現代彫刻美術館:目黒)に行った。

Photo_2

以前より藤沢市民会館広場に設置された「PEACE」と江ノ島の「かながわ女性センター」広場に鎮座した「自由の翼」が気になっていたので、いつか熊坂兌子の作品をまとまった形で観てみたいと思っていた。今回それが実現したわけだが、期待をはるかに上回る満足度を得られた。

どのような点で満足度が高かったかというと、様々なタイプの作品が展示され、それらがみな楽しいオーラを発していたということになる。

大好きな抽象では「ハーモニー」、半抽象ものでは「立方体的母子像」が直線と曲線の楽しい組み合わせを演出していて良かった。

幻想性を求めるなら「砂漠の夢」や「巫女の居る所」などの作品が、それらに設けられた階段や方形の穴の醸し出す雰囲気により、充分に期待に応えてくれていた。

ユーモアが欲しければ「チェス好きの家」が用意されている。このように熊坂兌子の作品には多様な側面があり、それらすべてが観る人を愉しませ、充実した時間を与えてくれるものだった。

また2階の常設展示では、熊坂兌子のご伴侶であるサール・シュワルツの作品も観ることができた。アルカイック・スマイルを想わせる人の頭部と、屏風を立てたような抽象作品が並んでいた。素敵なたたずまいだった。

この美術館は彫刻に造詣の深い初代館長 渡辺泰裕氏のセンスとエネルギーによって創設され、維持発展してきたと聞いた。それがいかに素晴らしい業績であるかは、活字の情報だけでは理解しにくいと思う。実際に同美術館を訪れ、展示物を観て、関係者の話に耳を傾けてようやく実感できることだと思った。

案内をして下さった彫刻家の平山隆也さん、ありがとうございました。おかげさまで充実した時間となりました。

« 平本公男展 森の幻想 | トップページ | 草花に想いをよせて展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/37808569

この記事へのトラックバック一覧です: 熊坂兌子展:

« 平本公男展 森の幻想 | トップページ | 草花に想いをよせて展 »

最近のトラックバック